EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Talend 、データ統合プラットフォームの最新版「Talend 5.6」をリリース

  2014/12/09 17:20

 Talendは、12月9日、統合プラットフォームの最新版である「Talend 5.6」のリリースを発表した。

 「Talend 5.6」は、リアルタイムなビッグデータ運用を可能にする画期的な技術革新を導入。モノのインターネット(IoT)からのストリーミングデータを含む多くのデータソースに、簡単にアクセスができるという。データマスタリングのパフォーマンスと生産性を向上し、必要なコントロールと追加時間を提供するという。

 「Talend 5.6」の新機能は次のとおり。

 ■ビッグデータのリアルタイムな運用:Apache SparkおよびApache Stormのルアルタイム分散処理フレームワークを活用することで、企業がバッチ処理を超えてリアルタイムなビッグデータ運用を可能に。

 ■モノのインターネット(IoT)をサポート:主なIoTプロトコルをサポートし、機械、センサーやその他のデバイスから情報を収集。

 ■Big DataおよびData Qualityのパフォーマンス:より迅速な意思決定を可能としプロジェクトのスコープを拡張。

 ■空前のMDMスピードと敏捷性:マスターデータ統合に要する時間を短縮するために幾つかの新機能を追加。

 ■対応アプリケーション、データソースおよびビッグデータプラットフォームのサポート拡張:800以上のコンポーネントとコネクターで、さらに多くのシステムと最新のプラットフォームをサポート。

 ■アプリケーション統合の生産性向上:ビジュアルダッシュボードを改善し、SOAガバナンスの強化とメッセージングのサポートを拡張。

 また、Talendでは日本語ドキュメントの整備を進めており、その一環として「Talend 5.5」を対象とした日本語マニュアルの提供を開始する。日本語マニュアルは、商用製品はもとよりオープンソース製品のユーザーにもコミュニティサイトを通じて無料で提供する。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5