EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014年の国内IoT市場規模は9.4兆円、2019年には16.4兆円に――IDC Japanが予測

  2015/02/06 12:10

 IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)市場予測を発表した。発表によると、国内IoT市場は、2014年の売上規模が9.4兆円、2019年には16.4兆円に達する見通しだとしている。

 IDCでは、IoTを「IP接続による通信を、人の介在なしにローカルまたはグローバルに行うことができる識別可能なエッジデバイス(モノ)からなるネットワークのネットワーク」と定義。

 今回の調査より初めて、国内IoT市場を「(1) インテリジェントシステム/エッジデバイス(以下IoTデバイス)」「(2) 通信モジュール、通信回線、通信機器」「(3) IoTプラットフォームソフトウェア」「(4) アナリティクスソフトウェア」「(5) IoTインフラストラクチャ」「(6) 垂直市場ソリューション/専門サービス」「(7) セキュリティサービス」という7つのテクノロジー要素に分類し、各要素別の市場予測を実施した。

 2014年の国内IoT市場におけるIoTデバイスの普及台数は5億5,700万台、売上規模は9兆3,645億円であったとみており、2019年には同市場のIoTデバイスの普及台数は9億5,600万台、売上規模は16兆4,221億円に達すると予測している。

 予測期間内(2014年~2019年)の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、それぞれ11.4%、および11.9%という非常に早いスピードで成長することが見込まれるという。

 テクノロジー要素別にみた場合、IoTデバイスの額は予測期間前半においてIoT市場全体の8割~9割を占める。一方で予測期間の後半においては、IoTデバイスのコモディティ化が進みIoT市場全体に占める割合も7割台に下落し、それを補完する形で、他の技術要素がじりじりとその売上割合を増やしていくというのが全体的なトレンドだとしている。

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内IoT市場 2014年の推定と2015年~2019年の予測」に詳細がまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5