SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラック、NECプラットフォームズのセキュリティアプライアンスへ独自の技術情報を提供 

 「Aterm SA3500G」は、不正なネットワークアクセスや標的型攻撃に対する高度な防御機能を持ち、かつ大規模なネットワーク構成の変更や複雑なシステム構築を行うことなく、容易に導入・運用が可能なSMB市場向けセキュリティアプライアンス。

 ラックは情報セキュリティに関するサービスプロバイダーの草分けとして、日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」を運営し、日本で初めてセキュリティ診断や、緊急対応サービスを事業化するなど、最先端のサービスを提供してきた。

 今回、ラックが「Aterm SA3500G」に提供したのは、JSOCが侵入検知システム(IDS)や侵入防御システム(IPS)に配信し高く評価を受けている攻撃分析情報「JSIG」。大企業向けのハイエンドなセキュリティ対策機器に提供しているこの情報を、中小規模事業者向けのセキュリティアプライアンスに提供することは初めての取り組みになるという。

 また、国内約850社のセキュリティ監視や、緊急対応サービス「サイバー119」の調査などから得られた不正なURLの情報についても提供を行う。

「Aterm SA3500G」  

 「Aterm SA3500G」の主な特徴は次のとおり。

 ・既存のネットワーク構成を大きく変えることなく導入可能

 この製品はブリッジとして動作し、通過するパケットを監視することで、ネットワークを介したサイバー攻撃からの防御や不正アクセスを検出。既存のネットワークの入口に設置するだけなので、容易に導入することが可能。主なネットワークセキュリティ機能として、アンチウィルス、不正侵入防止、Webガード、アプリケーションガード等を搭載。

 ・セキュリティ機能動作時も高速通信を実現

 一般的なセキュリティ端末の場合、セキュリティ機能の動作により通信に負荷がかかるため、非動作時に比べてスループット(実測値)が落ちる傾向にあるが、この製品は高速セキュリティエンジンの採用により、セキュリティ機能の動作時もスループットの低下が少なく、高速な通信が可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7677 2016/01/29 13:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング