SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、「Oracle Cloud」のPaaSとIaaSをサブスクリプションで提供

 「Oracle Cloud Machine」により、企業や団体が所有するデータセンター内でオラクルのPaaS「Oracle Cloud Platform」の利点を受けることができるという。ビジネス・アプリケーションをオンプレミスからクラウドへ容易に移行できると同時に、自社データセンター内で安全にオラクルのクラウドサービスが利用可能になるとしている。

 「Oracle Cloud Machine」は、ハードウェア、ソフトウェア、クラウド管理、サポート、IaaSを月額課金で提供し、オラクルのデータベースやJava開発基盤などのPaaSを定額または従量課金で提供する。

 「Oracle Cloud」との完全互換性を備えつつ、オンプレミスでも利用可能で、災害復旧、クラウド・バースティング、開発/テスト、オンプレミス/クラウド間のリフト&シフト方式でのワークロード移行、DevOpsなど、さまざまな用途に活用できるという。

 さらに、オラクルが管理と運用を担当するため、「Oracle Cloud」内でも自社データセンター内でも、同様の操作性・利便性を実現し最新の機能を使用することが可能になる。

 「Oracle Cloud」を自社のデータセンター内で利用する利点は次のとおり。

  • クラウドの利点を享受しつつ、データを完全にコントロールするとともに、企業のデータセンター内に格納することを義務付ける要件に対応
  • 同一の環境、ツールセット、APIを用いて、オンプレミスとクラウド間でワークロードの可搬性を実現
  • 変化するビジネス要件に基づき、オンプレミスとクラウド間で、オラクルおよびオラクル以外のワークロードを容易に移動
  • セキュリティやプライバシーに関する規制に準拠

 「Oracle Cloud Machine」で提供される「Oracle Cloud Platform」サービスは次のとおり。

 ・インフラストラクチャ:コンピューティング、ストレージ、仮想ネットワーキングなど、オラクルおよびオラクル以外のワークロードをクラウドに移行するIaaS環境を提供。

 ・データ・マネジメント:「Oracle Database Cloud Service」により、「Oracle Database」を用いてクラウド内のデータを管理。

 ・アプリケーション開発:「Oracle Java Cloud Service」を用いてクラウド内のJavaアプリケーションを開発・導入。Java SE、Node.js、Ruby、およびPHPでの多言語開発に向けたサービスも今後提供予定。

 ・エンタープライズ・インテグレーション:「Oracle Integration Cloud Service」によって、オンプレミスのアプリケーションとクラウド・アプリケーションの統合や、クラウド・アプリケーション同士の統合がシンプルに実現。SOA、APIマネジメント、IoT向けの追加機能も今後提供予定。

 ・ITマネジメント:オンプレミスと「Oracle Cloud」内で、ワークロード管理をシームレスに一体化。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7980 2016/04/21 14:20

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング