SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アウトソーシングテクノロジーとサイオステクノロジー、「Drupal」によるシステム構築ビジネスを推進

 「Drupal on Azure」のサービスは、サイオステクノロジーが5月に発表した「OSS on CLOUDインテグレーションサービス」で培ってきたAzure上における各種OSSを利用した開発・運用の経験と、「Drupal」の専門部署を設けたアウトソーシングテクノロジーが長年蓄積してきた開発・運用ノウハウを融合して提供するもの。

 両社は共同で、新規システム構築、基幹系や情報系など既存システムとの連携、多言語化対応、認証・セキュリティ強化等、幅広い分野において「Drupal」の機能を最大限に活用したWebシステム構築を実現するとしている。

 両社は、世界に数千ある「Drupal」向けの業務テンプレート、数万個ある追加部品をAzure上にある他のオープンソース・ソフトウェア(OSS)で提供し、IoTやFinTechなどの新規システム構築、従来の既存システムとの橋渡し、多言語対応などの幅広い分野において「Drupal」の得意とする短期間で効率のよいシステム構築を実現するという。

 「Drupal」は、多彩なカスタマイズ機能、優れた拡張性、高いセキュリティーで定評があり、米ホワイトハウス、NASA、オーストラリア政府など、多数の世界的な情報システム構築に使われているオープンソース・ソフト。日本でも、大規模サイト、多言語サイトのほか、APIエコノミーの中核としてIoTやFinTechの分野においても利用が拡大していくと予想されているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8818 2016/12/21 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング