Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アウトソーシングテクノロジーとサイオステクノロジー、「Drupal」によるシステム構築ビジネスを推進

  2016/12/21 15:00

 サイオステクノロジーはアウトソーシングテクノロジーと共同で、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をサービス基盤として、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Drupal」とその他各種OSSを利用したWebシステムの設計・構築・運用・保守の一連の業務を「Drupal on Azure」としてワンストップで提供・支援するサービスを開始すると発表した。

 「Drupal on Azure」のサービスは、サイオステクノロジーが5月に発表した「OSS on CLOUDインテグレーションサービス」で培ってきたAzure上における各種OSSを利用した開発・運用の経験と、「Drupal」の専門部署を設けたアウトソーシングテクノロジーが長年蓄積してきた開発・運用ノウハウを融合して提供するもの。

 両社は共同で、新規システム構築、基幹系や情報系など既存システムとの連携、多言語化対応、認証・セキュリティ強化等、幅広い分野において「Drupal」の機能を最大限に活用したWebシステム構築を実現するとしている。

 両社は、世界に数千ある「Drupal」向けの業務テンプレート、数万個ある追加部品をAzure上にある他のオープンソース・ソフトウェア(OSS)で提供し、IoTやFinTechなどの新規システム構築、従来の既存システムとの橋渡し、多言語対応などの幅広い分野において「Drupal」の得意とする短期間で効率のよいシステム構築を実現するという。

 「Drupal」は、多彩なカスタマイズ機能、優れた拡張性、高いセキュリティーで定評があり、米ホワイトハウス、NASA、オーストラリア政府など、多数の世界的な情報システム構築に使われているオープンソース・ソフト。日本でも、大規模サイト、多言語サイトのほか、APIエコノミーの中核としてIoTやFinTechの分野においても利用が拡大していくと予想されているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5