SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データセンターインフラ管理ソフトはキャパシティ管理効率化のために導入が進む――IDCが市場予測

国内データセンターにおける導入は進まず、2016年の市場規模は約9億円

 DCIMとは、データセンターやサーバールーム内のICT機器(サーバー、ストレージ、ネットワーク機器など)や電源装置、空調設備、サーバーラックなどの管理を行うパッケージソフトウェアのことで、これらの機器や設備の資産管理、変更管理とともに、消費電力の監視、サーバールームの温度監視などによって、データセンター内の機器や設備の運転状況や稼働状況を一元管理するための機能を備えている。今回の調査で2016年の国内DCIM市場の規模はわずか約9億円となることがわかった。

 データセンター運用効率改善や電力コスト削減の手段として、2013年ごろから国内で本格的に販売が始まったDCIMだが、国内データセンターではまだ導入が進んでいない。その理由として、DCIM導入効果の評価が容易ではないことがある。

 DCIMによってデータセンター運用コスト削減効果がどの程度達成できるかは、導入後すぐには明らかにならない。電力コストの削減効果に至っては、春夏秋冬を通じた冷却コストの評価を実施する必要があるため、最短でも導入後1年経過しないと導入効果を客観的に評価できない。

 しかし、今後は国内データセンターでもDCIM導入が緩やかに加速するとみている。データセンターサービス市場の競争は激化しており、データセンター事業者におけるデータセンター建設コストの回収が厳しくなっている。

業者データセンターを中心に導入が進み、2021年市場規模は約35億円に

 同時にデータセンターにおけるクラウド環境の実装拡大は、より多くの電気設備や冷却設備を要求するため、データセンターの建設コストは上昇する傾向にある。このため事業者データセンターでは、データセンターキャパシティを無駄なく効率的に利用する必要に迫られるようになり、DCIMはそのためのツールとして活用されることになると、IDCではみている。

 2021年の国内DCIM市場は約35億円で、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は30.5%と予測している。

 ただし、当面のDCIM導入はデータセンター運転状況の可視化を目的としたものが多い傾向が続く。「DCIMの導入効果をフルに実現するためには可視化するだけでは足りない。可視化された運用状況データを分析し、その結果を運用プロセスに組み込むことが重要である」と、IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの伊藤未明氏は分析している。

参考資料:国内データセンターインフラストラクチャマネージメント(DCIM)売上額予測、2016年~2021年
(作成:IDC Japan)  

 今回の発表はIDCが発行したレポート「国内データセンターインフラストラクチャマネジメントソリューション市場予測、2017年~2021年」にその詳細が報告されている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8856 2017/01/16 15:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング