SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

データクック、ビッグデータ分類・可視化ツール「DataRange」をAzure上で提供

 ビッグデータ分析において、分析前の“分類”は非常に重要な処理となり、どれほどコンピュータ処理機能が向上しても、人間が意味を理解したうえで内容を解釈し、分類していく過程は必須であるという。今回、人間の認知の代替となるCognitive AIを世界でも先鋭的に取り組んでいると評価されているマイクロソフトのAIサービス「Microsoft Cognitive Services」を利用することで、ビッグデータの分類・可視化を手軽に実現できるサービス提供が可能になったという。

「DataRange」の動作イメージ

 このツールにより、次の3ステップでビッグデータ分析に必要となる自動分類が完了するという。

  1. トレーニングフォルダを作成
  2. 映像・画像ファイルをアップロード・自動収集
  3. トレーニングメニュー選択

 「DataRange」は、ビッグデータ活用基盤ソフトウエア「DataKitchen」と連動して、電子レンジのように手軽に食材(ビッグデータ)を調理できるクラウドサービスだという。Microsoft AzureのCognitive Servicesを活用することで、探索的にデータのタグ付けできる。また、AIモデルのトレーニングもブラウザで手軽に利用することができるというす。

 今回、「DataRange」は、マイクロソフトが展開するクラウド検証環境構築サービス「Cloud Everywhere」へのメニュー提供を開始し、より手軽に検証できるようになるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9877 2017/10/02 15:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング