Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

なぜ生体認証は「進化したパスワード」ではないのか ――私が私であると証明するのは、私

2018/07/02 06:00

生体認証が革命的なのは、自分が自分であると証明する手段が、自分そのものになったからだ。公的機関が先鞭をつけた生体認証の利用は、iPhoneが採用したことで、爆発的に広がった。技術的には、指紋など身体そのものを使うばかりでなく、画面タッチのくせや歩き方といった、その人のふるまいによる認証が実用化しつつある。今後、生体情報の共有と保護に社会的に取り組むことができれば、不正やテロを克服し、私たちは新しいライフスタイルと価値を創造することができるだろう。

生体認証の本質は何にあるのか

 それは2要素認証だ、というと拍子抜けされるだろうか。しかし考えてほしい。生体認証が確立するまでの2要素認証は、たとえば銀行カードや携帯電話などの「自分が持っているもの」(Something We Have)と、PINやパスワードのような「自分が覚えていること」(Something We Know)の組み合わせを意味していた。

 本質的なことは、生体認証によって、後者の「自分が覚えていること」が、「自分そのもの」(Something We Are)に置き換わったことなのだ。自分を、コピーしたり、置き忘れたり、紛失したり、盗まれたりすることはない。

指紋スキャナを内蔵する生体認証対応EMV決済カード
指紋スキャナを内蔵する生体認証対応EMV決済カード

 不適切に単純化され、不注意に保管され、長い間サイバーセキュリティという鎖の脆弱な輪であり続けたパスワードに基づく認証は、過去のものとなる。生体認証は、21世紀の消費者に、利便性と安全性というトレードオフを同時に満たすソリューションを提供する。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5