Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ・クリエイト、「操作監視ソリューション」の不正アクセス・操作監視対象を拡充して提供開始

2018/07/19 15:00

 日立ソリューションズ・クリエイトは、1月に発表した「操作監視ソリューション」の不正アクセス・操作監視対象OSを拡充し、ニーズや要件に柔軟に対応できるセキュリティ監視・管理を行うソリューションを8月1日から提供すると発表した。

 企業内のITシステム活用の広がりに伴い、Linuxサーバやネットワーク機器を対象とした不正アクセスに対するセキュリティ監視ソリューションを導入するケースが増えている。また、ITシステムを広くカバーするためにはWindows系のPCクライアントやサーバへの対応も必須となるため、管理・監視に対する手間・運用コストは増加の一途を辿っているため、一元的にセキュリティ監視できるソリューションが求められているという。

 そこで、日立ソリューションズ・クリエイトは、操作監視ソリューションの構成品であるボスコ・テクノロジーズの「SMART GW」シリーズのラインナップを拡充することで、新たにWindows系のパソコンやサーバに対しての不正アクセス・操作監視を可能とした。

 これにより、既存システム運用に影響を与えず、 Linuxサーバやネットワーク機器、Windowsサーバ・パソコンと幅広い監視対象を一元管理することが可能となる。環境や要件、規模に応じた効率的な監視運用が行えるとともに、トラブル発生時の迅速な対応や、不正をさせない牽制効果も期待できるという。

操作監視ソリューションの全体概要

 ■利用シーン

  • サーバの遠隔保守やテレワークを行う際のアクセス制御や証跡を残したい
  • 転職者や異動が多い部署の業務に対して情報持ち出しリスクを抑止したい
  • システム開発時、本番環境とテスト環境を明確に分けて作業を進めたい など

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5