Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士ゼロックス、小規模事業所のセキュリティー対策を包括的に支援する「beat/soloサービス」を販売開始

2018/11/19 14:30

 富士ゼロックスは、組織の情報資産とIT利活用環境を守るセキュアなネットワーク環境の構築および運用・管理を包括的に支援する、小規模事業所向けの低価格なアウトソーシングサービス「beat/soloサービス」を11月19日に販売開始すると発表した。

 「beat/soloサービス」は、これまで、より大きな事業所向けに提供してきた「beatサービス」の基本サービスを継承しながら、機能や標準利用者数を小規模事業所向けに最適化したことで、低価格で導入・運用可能なサービスになる。

 不正アクセスやウイルス、迷惑メールなどのさまざまな脅威を検知・遮断するゲートウェイ装置(beat-box)の導入に加え、ネットワークオペレーションセンター「beat-noc」によるbeat-boxのリモート監視や各種ソフトウェアの自動更新、さらには、企業をリアルタイムでサポートする「beatコンタクトセンター」のサービスにより、オフィスに必要なセキュアなネットワーク環境運用を包括的に支援するという。

 導入時に複雑な設定の必要がなく「beat-box」をオフィスネットワークの出入り口に接続するだけで、セキュアな環境の構築が可能となるほか、アウトソーシングにより導入・管理・運用に係る負担を低減するため、情報システム管理の専任担当者がいないケースでも必要なセキュリティー対策を整えることが容易になるという。

 また、オフィスの外からでも、社内ネットワークに安全な接続を担保する「beatリモートアクセスサービス」や、社内から外部Webサイトへのアクセスを制御する「beatコンテンツフィルターサービス」などのオプションサービスの提供を通じ、企業の利用実態にあわせたネットワーク構築が可能だとしている。

「beat/soloサービス」の概要

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5