SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

未曾有の不況のいまだからこそSOA 技術を活用し企業競争力を高める


SOA 技術は、既存システムを生かしつつ新たなシステム構築を行う際の、デファクトスタンダードと言っても過言ではない。SOA 分野で実績ある製品を提供してきたソニックソフトウェア、データディレクトテクノロジーズ、そしてアイオナテクノロジーズが統合し新たにプログレスが誕生。社長に就任した田上一巳氏は、不況のいまだからこそSOA を活用し企業の競争力を強化すべきだと語る。

市場実績のある製品群が揃いSOAのトータルソリューションの提供が可能に

日本プログレス株式会社 代表取締役社長 田上一巳氏
日本プログレス株式会社 代表取締役社長 田上一巳氏

 2008年12 月1 日、SOA技術に基づくシステム統合ミドルウェアであるエンタープライズ・サービス・バス製品のリーダー企業であるソニックソフトウェアと、データベースアクセス技術に特化した「DataDirectConnect」シリーズを提供するデータディレクトテクノロジーズが統合し、新たに日本プログレスが誕生、田上一巳氏が代表取締役社長に就任した。

  これに先立ち、2008年6 月には、本社となる米国プログレスが、CORBAベースのOrbix製品などを提供するアイオナテクノロジーズを買収。

 2008 年12 月1 日は、その日本法人である日本アイオナテクノロジーズの社長にも、田上氏が就任した。「会社の中に、市場で実績ある製品を持った3 つの事業部ができあがったのではなく、3 社統合で本当の意味でのリストラクチャリング(再構築)が行われました」(田上氏)。

 従来は、3 社の製品は市場で評価され、それぞれ導入実績には高いものがあった。ただし、とくに日本市場では個別製品ベンダーとしての認知がなされ、トータルなSOAソリューションを提供するベンダーの域には達してはいなかった。

 それが、3 社の融合により幅広い製品ラインナップが整い、レガシーシステムとの連携を含め、トータルなSOAソリューションを提供できる体制が整ったと、田上氏は語る。

 「たとえば、Salesforce.com のデータをローカルのシステムで読み込めない課題があったとします。これはデータ連携の問題であり、現場担当者は何らかのSOAツールを導入し解決したいと思う。とはいえ、経営者層からするとSalesforce.comのデータが読めないだけで、なぜこんなに高い費用がかかるのだという話になります」(田上氏)。

 個々のシステム連携だけでは、その製品がいくらSOAに対応していたとしても、上記のような認識を持たれかねない。SOAの本質は、企業全体のシステムをつなぐことであり、それにより全社規模で効率化を促すことだ。そして、全体がつながることで、さまざまなものが新たに見えてくる。

 「システムが連携し、いろいろ見えてくれば、どの部署が最もシステムを活用しているのか、さらにはどのサービスが一番使われているかといった、ビジネスの流れが見えてきます」(田上氏)。それにより、さらに再利用性を高めビジネスの効率化を図るといったことが可能となり、それこそがSOAの効果であると、田上氏は指摘する。

次のページ
組織が大きくなることで生まれるさまざまなメリット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ITイニシアティブ編集部(ITイニシアティブヘンシュウブ)

経営・ビジネス・ITをつなぐ実践情報誌「IT Initiative」編集部  

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1191 2009/07/06 17:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング