SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Operation Online Press

「DX EnablerとしてSmart World実現に貢献する」 NTT Com社長 庄司哲也氏が事業戦略を発表


 2019年4月9日、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)代表取締役社長 庄司哲也氏が2019年度の戦略を発表した。DXを推進するサービスやデータ利活用基盤のサービス拡充を進めていく。また同日、eSIMを商用化したIoT Connect Mobileサービスも発表された。

インターネット回線の高速化、クラウドの登場、そしてDX実現へと

 1999年、インターネット回線が高速化していくなか「インターネット通信を変えていく」として、NTTComは設立した。後にクラウドに舵を切り、2011年には「Global Cloud Vision」とするビジョンを発表。国内事業者として初の法人向けクラウドサービス提供を達成するなど、クラウド事業に力を入れてきた。  

 2010年代後半ごろからはマルチクラウドが一般化し、AIやIoTが急速に発展。クラウドネイティブな企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現しはじめ、歴史ある企業も追随し、それぞれのDXが形になりつつある。庄司氏が「DX Enablerとして」と言うように、今NTT Comは顧客のDX実現を支援するサービスやソリューションに力を入れている。

NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 庄司哲也氏

 2019年度事業戦略として、庄司氏は「データ利活用を支えるサービス群の強化と拡大を進め、お客様のDX実現に貢献し、Smart Worldの実現による企業・社会の持続的成長(を目指す)」と掲げた。Smart WorldとはNTT Comが提案する未来像で、Smart City、Smart Factory、Smart Auto-Motive、Smart Education、Smart Health Care、Smart Customer Experience、Smart Work Styleの7分野がある。 

 事業戦略の具体的な内容は大きく分けて2つある。「データ利活用によってお客様のDXを推進するサービス群の提供」と「データ利活用の基盤となるインフラサービス群の提供」、より端的に言うと、DX実現のパーツとなるサービスとデータ利活用インフラの拡充だ。

データ利活用を支えるサービス群(全体像)[画像クリックで拡大表示]

次のページ
データ利活用によってお客様のDXを推進するサービス群の提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Operation Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11913 2019/04/10 11:17

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング