Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

5Gへの現在地と5G SIMに搭載されるセキュリティ機能

edited by Security Online   2019/05/15 08:00

 5G(第5世代移動通信システム)の実現が近づいている。5Gというと通信の高速化が注目されがちだが、それだけではない。高速化のほかにも高信頼性と低遅延、IoTの大量マシンタイプ通信(mMTC)ももたらす。あらためて現在、5Gの準備はどこまで進んでいるか、そして5G SIMで強化されるセキュリティにはどのようなものがあるか、ジェムアルトの米沢正雄氏が解説した。

5Gがもたらす世界は高速化だけではない

モバイルサービス&IoT事業本部 フィールドマーケティング 米沢 正雄氏

 5Gの標準化プロジェクトは3GPP(Third Generation Partnership Project)で進められており、最終的にはITU(国際電気通信連合)の「IMT-2020」としてまとめられる。先述したように、5Gの大きな柱には高速化のほかにmMTCもあるため、米沢氏は「5Gまでには2つの異なるパスがある」と言う。モバイルデバイスの高速化への道と、MTC(IoT)の効率化への道だ。後者は既存のLTE-MやNB-IoTを発展させて5Gに合流させることになる。両者の標準化が合わさり、5G標準が完成する。  

 2019年明けから5Gサービスに関する発表も見かけるものの、現時点では「アーリードロップ」と呼ばれ、既存のLTEをベースに5Gを部分的に先行導入したものとなる。主に無線通信部分に5Gを用いて高速化する。2020年ごろまでの5Gは、こうしたLTEと5Gが混在したものとなる。

高速化を実現するための5Gの各フェーズ 出所:ジェムアルト株式会社[画像クリックで拡大表示]

 ほぼ5Gとなる本格的な5Gは「フェーズ1」と呼ばれ、2021~2022年ごろと見られる。アーリードロップとの違いはコアネットワークとSIMカードが5G対応する点で、5GのSIMカードが不可欠だ。続く「フェーズ2」でネットワークアーキテクチャが強化され、5G対応したIoTも混じり、5Gは完成することになる。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5