Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

新領域「デジタル・プロダクト・マネジメント」の導入は今後増加する――ガートナー発表

  2019/06/17 13:30

 ガートナーは、サンディエゴで開催された「Gartner Tech Growth & Innovation Summit」において、テクノロジ/サービス・プロバイダーのトレンドを明らかにし、今後、「デジタル・プロダクト・マネジメント」の導入が進んでいくという見解を発表した。

 デジタル・プロダクト・マネジメントは、従来のプロダクト・マネージャーの業務範囲を拡大した新しい領域で、さまざまな設計原則と定量的なインサイトを利用して、プロダクトのビジョンおよび方向性、トレードオフに関する決定、差別化をもたらすカスタマー・エクスペリエンスについての情報をもたらすものだという。

 今日では、プロダクト・マネジメント・イニシアティブの3分の2がビジネス戦略から切り離されている。重要な意思決定に生かすため、プロダクト戦略を定義して利用しているプロダクト・マネージャーはわずか16%しかいないことが、ガートナーが最近実施した調査で明らかになった。多くの組織が、戦略や設計、定量的な分析にはほとんど力を入れず、一方でプロダクト・マネジメントに過剰な投資を行っている。

5つのデジタル・プロダクト・マネジメント能力

 ビジネスモデルの変革とプロダクトの成功を促す上で、下記の5つのデジタル・プロダクト・マネジメント能力が必要になると、ガートナーは考えている。

  1. データに基づいて意思決定を下す
  2. カスタマー・エクスペリエンスを念頭に置き、プロダクトやサービスを設計する
  3. デジタル・テクノロジがもたらすあらゆる機会を生かして、プロダクトやサービスを差別化する
  4. 既存のプロダクト・マネジメントのアプローチに、技術面およびビジネス面でのディスラプションの影響を組み込む
  5. 革新的なデジタル・チャネルを通じて、プロダクトやサービスを提供する

 2023年までに、デジタル・プロダクト・マネジメントを採用し、これら5つの重要な能力を備えていることを自認するプロダクト・マネジメント・チームの割合は、2019年の2%未満から35%に増加するという。

 ガートナーのアナリストでシニア ディレクターの桂島航氏は次のように話している。

 「テクノロジ/サービス・プロバイダーのビジネスは、クラウドやAI(人工知能)などのデジタル・テクノロジにより、破壊的な変化の時期を迎えています。この淘汰の時代を勝ち抜くためには、デジタル・テクノロジを生かしたプロダクトとユーザー・エクスペリエンスを創出する新しい仕組みが必要であり、それを実現するための方法論が『デジタル・プロダクト・マネジメント』になります。プロダクト・マネジメントの導入が概して遅れている日本のテクノロジ/サービス・プロバイダーは、デジタル化に即した新しいプロダクト・マネジメントの概念を速やかに理解し、グローバル企業に対する競争力を向上させる手段として活用すべきです」。

 なお、ガートナーは、東京で開催する以下のコンファレンスにおいて、上記の内容を含む最新のトレンドを解説し、知見を提供するという。

  • 8月5~7日:「セキュリティ&リスク・マネジメント サミット」
  • 8月30日:「ITソーシング、プロキュアメント、ベンダー&アセット・マネジメント サミット」
  • 11月12~14日:「Gartner IT Symposium/Xpo」

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5