Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

サイバー犯罪捜査のプロの目から見た今日のサイバーセキュリティ事情とは?

edited by Security Online   2019/10/08 08:00

 2019年9月10日、ソラシティカンファレンスセンター(東京・御茶ノ水)にて翔泳社主催のイベント「Security Online Day 2019」が開催された。基調講演には、かつて警察庁およびインターポール(国際刑事警察機構)でサイバー犯罪捜査を指揮し、現在はヤフーで政策企画・サイバーセキュリティ担当の執行役員を務める中谷昇氏が登壇し、「デジタル社会におけるサイバーセキュリティ」と題した講演を行った。

情報は「漏れる」のではなく「盗まれている」

 中谷氏は1993年に警察庁に入庁後、神奈川県警外事課長や国家公安委員会補佐官などを歴任。2007年から4年間に渡りインターポールで経済ハイテク犯罪課長やCISOを務め、その後警察庁に一時復帰した後に再びインターポールに赴任、INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)初代総局長など要職を務めた。その後、2019年4月にヤフー株式会社(以下、ヤフー)に入社し、現在は政策企画・サイバーセキュリティ担当の執行役員を務めている。

ヤフー株式会社 執行役員(政策企画、サイバーセキュリティ担当)
ヤフー株式会社 執行役員(政策企画、サイバーセキュリティ担当) 中谷昇氏

 同氏は、今日のサイバーセキュリティをめぐる状況について次のように述べる。

 「今日のデジタル社会においては、『データは21世紀の石油』と呼ばれるほどデータの価値が高まっています。つまりデータは石油と同じ位、国にとって極めて重要な戦略物資になっているということです。これまで国が守ってきた国家機密や企業の知的財産と同様に、個人情報の集積であるデータも今後は戦略的な重要性が増してくるため、国がきちんと守っていく必要があります」

 一方、データの搾取を狙うサイバー攻撃は年々高度化しており、いったん被害を受けるとその範囲は急激に広がりやすくなり、かつその発見はますます困難になりつつある。攻撃者も営利目的の犯罪者から国際テロ組織、アノニマスに代表されるハクティビスト、悪意を持った内部関係者、さらには国家ぐるみの攻撃に至るまで、顔ぶれが多彩になっている。

 そんな中、サイバーセキュリティをめぐって飛び交うさまざまな情報を正確に評価し、それを基に的確な判断を下すためには、サイバー攻撃に関する「報道の傾向」を理解しておく必要があると中谷氏は指摘する。

 「大規模なセキュリティインシデントに関する日本の報道と欧米の報道とを見比べてみると、日本では『事業者が落ち度によって情報を漏えいさせた』というニュアンスが強いのに対して、欧米では『事業者がサイバー攻撃による被害を受けた』というニュアンスが強い。日本では個人情報の持ち主であるユーザーの権利を重視する傾向が強いため、このような報じ方になってしまうのでしょうが、サイバー攻撃による直接の被害を受けているのは事業者であり、本来は事業者は最大の被害者なのです。サイバーセキュリティ対策について論じる際には、この本質の部分を見誤らないことが大切だと思います」

出典:Bloomberg(英語日本語
講演資料より掲載、以下同

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:Security Online Day 2019レポート
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5