SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

新入社員が育つ!~現場のための教育実践マニュアル

最低限ここだけ押さえておけば失敗しない! 4つのSTEPで考える上手な業務の教え方

第5回

さて、今回は新入社員への仕事の教え方について解説します。専門的なテクニックを使わなくても、ちょっとしたコツを押さえておくことで、教える力はグンとアップします。

今回の質問

「急がば回れ」 目先のスピードにとらわれず、結果的に一番早い道を選ぼう

 「事前に説明するのは時間の無駄」ということで、作業を行いながら実況中継のように説明する。こういうケースは結構多いのではないでしょうか。一見すると効率的なようですが、時と場合によっては十分な効果が得られません。

 例えば、既に基本的な部分は把握している人に、応用的な内容を教える場合であれば、実況形式も有効でしょう。自分が何を学ばねばならないかを理解しているので、聞き手は自分にとって必要な部分に絞って先輩の作業を見ることできます。

 逆に言えば、初めての作業を学ぶ場合は、どこをどんな風に注意して見る必要があるのか判断が付きません。先輩の手順のどの部分が重要で、どの部分がそうでないのか。それが分からなければ、どこにも焦点を合わせることができずに、作業をただただ眺めて終わってしまうことになります。

実況形式は楽ですが、見る方は大変です。
実況形式は楽ですが、見る方は大変です。

 実は私自身にも苦い経験があります。新入社員の頃、私を指導してくれた先輩が「今から書くから見ていてね」と書類作成の手順を見せてくれたことがありました。先輩は作業を終えると、私に「じゃあ、やってみて」と言いました。そこで、私はそっくりそのまま先輩が書いた書類を丸写しにしました。

 ところが、先輩は「手順がぜんぜん分かってない。何を見ていたの? 私はどうやって書いていた?」と聞くのです。私は苦悩の末、「先輩は字がきれいでした」と答えて、ひどく叱られてしまいました。私には、先輩の作業のどこが重要で、何に注意して見ていれば良いのかが分かっていなかったのです。

 先輩は、作業の趣旨や手順を説明し、もう一度目の前で実演して見せた上で、私に再チャレンジをさせるハメになりました。結果的に、2倍以上の時間と手間がかかってしまったのです。

 どんな内容であっても、初めての作業を教える手順は、以下のような手順を踏みましょう。一見遠回りに見えても、結果的には一番の近道となります。

教える手順
  1. 教える準備をする(STEP1
  2. 作業内容を説明する(STEP2) 
  3. 作業を指示する(STEP3

次のページ
STEP1:準備 教える前に考えること

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
新入社員が育つ!~現場のための教育実践マニュアル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 美緒(モリ ミオ)

グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社 ビジネススキルグループ 人材教育コンサルタント。ヒューマンスキル研修講師を担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1248 2009/03/06 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング