SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

data tech 2019 レポート(PR)

SQL Server 2019の最新情報とMicrosoft Data Platformの全貌

新たなビッグデータ向けプラットフォーム「Azure Synapse Analytics」

 もう1つのData Platformはビッグデータ向けのデータベースだ。ところで従来、Data Lakeを構築するようなビッグデータ向けのデータベースは、大量データを高速に処理できる反面、セキュリティやプライバシーの確保などの面は必ずしも充実していなかった。

 一方リレーショナル・データベースで実現するデータウェアハウスは、大規模な拡張性はないものの信頼性の高いパフォーマンスと実証済みのセキュリティ機能、鉄壁のプライバシーなどある。これら性質の異なる2つのデータベースのいいとこ取りをして、新たに1つにしたのが「Azure Synapse Analytics」だ。「これはビッグデータとデータウェアハウスをかけ算したものになります」と畠山氏。

 Azure Synapse Analyticsには、2つのサービスがある。「Provisioned Data Warehouse」は既に一般提供を開始しており、もう1つの「On-demand Query as a Service」は現在プレビュー版で公開されている。Azure Synapse Analyticsでは、SQLエンジンの横にSparkのエンジンが搭載されており、ストレージにはAzure Data Lake Storageを利用する。そしてオーケストレート機能、ETL機能となるData Factoryも内蔵されている。

 Azure Synapse Analyticsに蓄積されるデータは、Notebookを使いPythonなどのコードを書くことで多様な見方で可視化できる。また組み込み型のPower BIも用意されているので、使い慣れたツールでコードなどを書かずに柔軟な検索や可視化も可能だ。またSQLを用いて、Data Lakeの中のカラムストアにあるデータにアクセスすることもできる。

 さらにCosmos DBを連携させることも可能で、Cosmos DBに蓄積しているデータもすぐに分析対象にできる。「これによりビッグデータを扱うためのストレージは、Data Lake Storage一択という形で構成できます」と畠山氏。

 Cosmos DBも、今後はTransactional StorageとAnalytics Storageの2つを持つことになる。Sparkのエンジンでアクセスするのは後者で、Cosmos DBの中だけで2つの種類のデータを扱えることになる。その上で、Azure Synapse AnalyticsとCosmos DBを連携できると言うわけだ。Cosmos DBでは、作成時に複数のストレージタイプの利用を選択でき、またBlobストレージのデータをCosmos DBに連携させて取り込むことも可能となっている。

次のページ
Azure Arcでハイブリッドクラウドにも対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
data tech 2019 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12625 2019/12/20 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング