EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SQL Server 2019の最新情報とMicrosoft Data Platformの全貌

edited by DB Online   2019/12/20 11:00

Azure Arcでハイブリッドクラウドにも対応

 マイクロソフトではパブリッククラウドのAzureに力を入れているが、ユーザーにはオンプレミスと一緒に利用するハイブリッドクラウドの要望があることは理解している。その要望に対応する「Azure Hybrid」についても畠山氏は説明した。

 新たなハイブリッドクラウドのための製品として、Igniteでは「Azure Arc」が発表された。Azure Arcは仮想マシンや、Kubernetesを活用してオンプレミスと複数のクラウド、さらにはエッジも1つのクラウドと捉え管理できるようにするもの。複数のクラウドを具体例であげるなら、AzureだけでなくAmazon Web ServicesやGoogle Cloud Platformなど他のクラウドサービスの仮想マシンやコンテナ環境も管理できる。「Azure Arcはマイクロソフトの世界だけに閉じるものではなく、オープンな施策となっています」と畠山氏。

 具体的には、Azure Resource Managerの仕組みを使い、Azure Arc用のAgentを通じて仮想マシンや、Kubernetes Clusterといった単位で、コンピューターリソースを一元管理できるようになる。そしてAzureのPaaSのDataサービスも、Azure Arc上であれば今後どのような環境でも動かすことができるようになる。

 そのため、Azure SQL DatabaseもAzure Database for PostgreSQLも、将来的にAzure Arcの上で使えるようになる。Azure Arcは既にプレビュー版があり、仮想マシンについては現時点で試用が可能だ。

 最後に今後のMicrosoft Data Platformの方向性として「NoSQLはCosmos DBに集約し、データウェアハウスとビッグデータはAzure Synapse Analyticsに集約されていきます」と畠山氏。あらゆるスケールのデータをこれらで扱えることになり、さらにArcを使うことでさまざまなハードウェア・インフラ、さまざまなクラウド環境と融合してデータが扱えるようになると言う。

 今後も、Microsoft Data Platformはさらに進化を続ける。先が見えない時代の今だからこそ、Microsoft Data Platformのような最新技術をいち早くキャッチアップし使ってみて可能性を探るべきだ。

 既にマイクロソフトでは、データを扱うためのさまざまなプロジェクトを多くの顧客と進めており「皆さんの課題についても数多く聞かせてもらっています。マイクロソフトでは新しい技術を使い、それらの課題を顧客の皆さんと一緒に解決したいと考えています」と畠山氏は強調し、セッションを締めくくった。

関連セミナー情報

EnterpriseZine読者の皆様へ限定のお知らせです!以下のセミナーを2020年1月10日(金)に開催します。ぜひお越しください!申し込みはこちらから。

処理性能30倍&コスト削減率90%を実現!「Big Data/DWH アーキテクトに送る"Azure Big Data Analytics Platform"徹底解説セミナー&相談会」



関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:data tech 2019 レポート

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5