EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SQL Server 2019の最新情報とMicrosoft Data Platformの全貌

edited by DB Online   2019/12/20 11:00

新たなビッグデータ向けプラットフォーム「Azure Synapse Analytics」

 もう1つのData Platformはビッグデータ向けのデータベースだ。ところで従来、Data Lakeを構築するようなビッグデータ向けのデータベースは、大量データを高速に処理できる反面、セキュリティやプライバシーの確保などの面は必ずしも充実していなかった。

 一方リレーショナル・データベースで実現するデータウェアハウスは、大規模な拡張性はないものの信頼性の高いパフォーマンスと実証済みのセキュリティ機能、鉄壁のプライバシーなどある。これら性質の異なる2つのデータベースのいいとこ取りをして、新たに1つにしたのが「Azure Synapse Analytics」だ。「これはビッグデータとデータウェアハウスをかけ算したものになります」と畠山氏。

 Azure Synapse Analyticsには、2つのサービスがある。「Provisioned Data Warehouse」は既に一般提供を開始しており、もう1つの「On-demand Query as a Service」は現在プレビュー版で公開されている。Azure Synapse Analyticsでは、SQLエンジンの横にSparkのエンジンが搭載されており、ストレージにはAzure Data Lake Storageを利用する。そしてオーケストレート機能、ETL機能となるData Factoryも内蔵されている。

 Azure Synapse Analyticsに蓄積されるデータは、Notebookを使いPythonなどのコードを書くことで多様な見方で可視化できる。また組み込み型のPower BIも用意されているので、使い慣れたツールでコードなどを書かずに柔軟な検索や可視化も可能だ。またSQLを用いて、Data Lakeの中のカラムストアにあるデータにアクセスすることもできる。

 さらにCosmos DBを連携させることも可能で、Cosmos DBに蓄積しているデータもすぐに分析対象にできる。「これによりビッグデータを扱うためのストレージは、Data Lake Storage一択という形で構成できます」と畠山氏。

 Cosmos DBも、今後はTransactional StorageとAnalytics Storageの2つを持つことになる。Sparkのエンジンでアクセスするのは後者で、Cosmos DBの中だけで2つの種類のデータを扱えることになる。その上で、Azure Synapse AnalyticsとCosmos DBを連携できると言うわけだ。Cosmos DBでは、作成時に複数のストレージタイプの利用を選択でき、またBlobストレージのデータをCosmos DBに連携させて取り込むことも可能となっている。


関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:data tech 2019 レポート

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5