SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

全ての会社がテックカンパニーになる時代~福田康隆と探るDX最前線

DX時代に「企業」と「人と組織」はどう変わるべきか?『THE MODEL』著者・福田康隆氏に訊く

エンタープライズITとマーケティングの相似点

福田氏:まさに、私がマルケトに入りマーケティングの勉強をしていたころ、エンタープライズITとマーケティングは似ているなと感じました。マルケトのサービスを日本へ導入しようとしていたころ、よく言われたことがあります。「日本の企業の中でマーケティングを担当している人は少なく、基本は広告代理店に任せているので、こうしたツールを導入させていきたいなら、まずは広告代理店に行く必要がある」と。

 これは、私がセールスフォース・ドットコムでサービスを日本へ導入していこうとした時に言われたこととそっくりなんです。「日本でこうしたサービスを企業に導入させたいなら、まずはSIerさんに行かないとだめだよ」と。

押久保:同じですね。

福田氏:同じです。そして両方とも同じようなタイミングで変革が起きてきたと感じています。自社でノウハウを蓄積していく流れになり、パートナーとの関係性も変わってきました。ITでいうと、AWSやAzureなどのCloudを利用するケースが増えたことに伴い、従来とは違う新しい種類のパートナー企業が登場してきました。マーケティングも同様に従来型の代理店ではなく、デジタルエージェンシーが台頭してきました。企業の内部変革の結果、パートナーにも新興勢力が生まれてきたわけです。

押久保:企業がITやマーケティングを自社で見ていく方針になれば、パートナーであったSIerやエージェンシーも別の価値や武器を持たなくてはいけなくなる。そこにいち早く登場したのが、これら新興勢力ですね。

福田氏:エンタープライズにおける従来のプレイヤーも、顧客が望むならオンプレミスもクラウドもやりますといった時代もありましたが、そのほとんどが失敗しました。まずオンプレミスとクラウドでは、求められる人材やカルチャーが違う。結果として思い切った投資ができず、一つに集中した新興勢力の多くが勝ち筋を見いだすことになりました。今では従来型のプレイヤーもクラウドにシフトしていますよね。

次のページ
米国企業と日本企業との違いはプランBを用意できているかどうか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
全ての会社がテックカンパニーになる時代~福田康隆と探るDX最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12913 2020/05/15 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング