EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DXはバズワード。本質はビジネストランスフォーメーション」武闘派CIO友岡賢二×福田康隆

  2020/12/11 09:00

デジタルとリアルがミラーリングされて、疑似体験が実際の経験と同じ価値を持つ

福田氏:友岡さんからみて、現在のDXはどのように見えていますか?  e-Businessという言葉をはじめ、過去にも同じようにデジタル化の波は起きてきたかと思います。それらとDXは何が違うのでしょうか。私自身、DXはビジネスを変革するためのものだと考えているのですが、まだはっきりと定義付けできていないのでお伺いしたいです。

友岡氏:福田さんの考えに共感です。DXやAIは言ってしまえば流行り言葉です。本質的に目指すべきところは、ビジネストランスフォーメーション。つまりビジネス変革です。福田さんのおっしゃるこれまでのデジタル化の波は、Howの部分が変化してきたといえます。たとえば情報のやりとりが電話からemailになるといったHow。だから、With ITというべきものかもしれません。既存のビジネスの仕組みにITがくっつく。一方、DXはビジネス全体がデジタルになる感じです。デジタルへの没入感が強いとでもいうべきでしょうか。

福田氏:With IT、そして没入感とは言い得て妙ですね。

友岡氏:たとえば今年の9月に富士スピードウェイで開催された「24時間耐久レース」で2位になった選手はゲーマーで、リアルのレース歴はわずか2年弱という人でした。子どもの頃からレースゲームに夢中になり、ゲームの世界大会で優勝を果たすような方だそうですが、リアルレースでも成果を出した。

 本来、レーサーを目指すなら子供の頃からリアルレースで経験を積む必要があり、お金も相当かかる。それがゲームで経験したことがリアルで成果につながる。デジタルとリアルがミラーリングされ、疑似体験が実際の経験と同じ価値を持つ──。

福田氏:バーチャル側の世界から、リアルの世界に来る率が高まってきているのは確かに感じますし、それはこれまでのWith IT的なITとは異なりますね。


著者プロフィール

  • 福田 康隆(フクダ ヤスタカ)

    1972年生まれ。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人に移り、以後9年間にわたり、日本市場における成長を牽引する。専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年、マルケト入社と同時に代表取締役社長に、2017年10月同社代表取締役社長 兼 アジア太平洋日本地域担当プレジデントに就任。マルケトがアドビ システムズに買収されたことにより、2019年3月、アドビ システムズ専務執行役員 マルケト事業統括に就任。2020年1月より、ジャパン・クラウドのパートナーおよびジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社の代表取締役社長に就任。ハーバード・ビジネススクール General Management Program修了。著書に 『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(翔泳社、2019年)。

  • 中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

    株式会社エヌプラス代表取締役 デジタル領域のビジネス開発とコミュニケーションプランニング、コンサルテーション、メディア開発が専門。クライアントはグローバル企業から自治体まで多岐にわたる。IoTも含むデジタルトランスフォーメーション(DX)分野、スマートシティ関連に詳しい。企業の人事研修などの開発・実施も行うほか、一般社団法人おにぎり協会、一般社団法人日本編集部の代表理事として、日本の食や観光に関する事業プランニングやディレクションも行う。

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:全ての会社がテックカンパニーになる時代~福田康隆と探るDX最前線
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5