EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DXはバズワード。本質はビジネストランスフォーメーション」武闘派CIO友岡賢二×福田康隆

  2020/12/11 09:00

CIOは経営課題に対して会社の全体業務をどう改革し、価値を向上できるか

福田氏:DXがこれまでのデジタル化の波とは違うとなると、いわゆる攻めのITと守りのITという言葉の先も変化がありそうですね。どちらも大事だと思いますが友岡さんはどのように捉えていますか? 

友岡氏:一般的にセミナーなどで紹介されるのは、キラキラとした攻めのITですね。ただ、それが本質的な意味でビジネスをトランスフォーメーションできているのかというと、わからないところもあります。会社には必ず価値を生み出す場があります。価値の源泉ですね。そしてその価値を収益化している場があります。

 この2つの場がその会社の存在事由でもあるわけで、そこをデジタライゼーションしてどう向上させていけるかをIT部門は考える必要があります。そのためには、IT部門はテクノロジーだけでなく、もっと現場を見るべきで、ビジネスを知るべきでしょう。

福田氏:価値向上のために攻めも守りもあると。

友岡氏:その通りです。価値向上を目指すためには現場を知る必要があります。現場を知ることで、IT部門の考える効率化・価値向上が本当に正しいのかを検証できます。過去に私も体験した失敗事例でいうと、グローバルのサプライチェーンで共通の取引ルール、共通のITシステムを推進することは一見すばらしく効率的に見えます。しかし、各国の商習慣は大きく異なるという「現場」の課題がある。そのために、共通の仕組み導入が、結果的にビジネスの成長を阻害してしまうこともあるのです。

福田氏:昔のIT化の中には、効率化の側面だけで導入するといったことは多かったかもしれませんが、確かに現場を見極めた上での導入とそうでない導入では結果は自ずと違ってきますね。

友岡氏:IT部門は攻めでも守りでもデジタル化されているものは把握できますが、そうではないアナログ部分の業務を関知できていないことが多い。見えていないことが多すぎれば、ビジネスをトランスフォーメーションしていくことはできません。だからこそ、事業を見て、現場を見ることができるCIOやIT部門の役割は一層重要度が増していくでしょう。

福田氏:IT部門長ではなく、本当の意味でCIOとして活躍している人はまだ日本には少ないかもしれないですね。

友岡氏:その通りです。だから私が昔、日本にはCIOという職業はないとアメリカで話した時、「では日本はどうやってITをガバナンスしているのだ?」と訊かれて返す言葉がありませんでした。

 当時、時価総額の上位企業は日本企業でしたが、CIOはいない。これからIT化が進む中で、日本にCIOという職業をプロフェッショナルとして確立していかなくては持続的な成長はないという思いが強く、普及啓蒙を仲間たちとしてきました。

福田氏:CIOは経営会議の中心的なメンバーであり、会社の戦略に深く関わっていくべき存在だと思います。

友岡氏:そうです。よく日本企業でIT部門は経営センスがないという話を聞きますが、経営会議に出ていないのだから当たり前ですよ。経営課題があって、それを理解した上でIT施策を作らなければ骨太なものにはなりません。本来CIOは企業における大きな経営戦略と各事業部門の細かいディテールを同時に見ていく仕事。経営アジェンダを把握し、あらゆる業務を理解した上で、次の一手を打つのです。


著者プロフィール

  • 福田 康隆(フクダ ヤスタカ)

    1972年生まれ。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人に移り、以後9年間にわたり、日本市場における成長を牽引する。専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年、マルケト入社と同時に代表取締役社長に、2017年10月同社代表取締役社長 兼 アジア太平洋日本地域担当プレジデントに就任。マルケトがアドビ システムズに買収されたことにより、2019年3月、アドビ システムズ専務執行役員 マルケト事業統括に就任。2020年1月より、ジャパン・クラウドのパートナーおよびジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社の代表取締役社長に就任。ハーバード・ビジネススクール General Management Program修了。著書に 『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(翔泳社、2019年)。

  • 中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

    株式会社エヌプラス代表取締役 デジタル領域のビジネス開発とコミュニケーションプランニング、コンサルテーション、メディア開発が専門。クライアントはグローバル企業から自治体まで多岐にわたる。IoTも含むデジタルトランスフォーメーション(DX)分野、スマートシティ関連に詳しい。企業の人事研修などの開発・実施も行うほか、一般社団法人おにぎり協会、一般社団法人日本編集部の代表理事として、日本の食や観光に関する事業プランニングやディレクションも行う。

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:全ての会社がテックカンパニーになる時代~福田康隆と探るDX最前線
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5