SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

クラウドフレアが「世界中のどこでデータを保管するか」ニーズに対応

 Cloudflare(クラウドフレア)は、「Data Localization Suite」の提供開始を発表した。世界中のあらゆる場所で、ビジネスのデータ局所性、プライバシー、コンプライアンスのニーズに対応するために、自社データの保管場所とアクセスを制御することができるサービスとなる。この製品と新たなプライバシー保護プロトコルの発表にあたり、12月7日に同社の最高技術責任者ジョン・グラハム=カミング氏と日本代表の青葉雅和氏が会見をおこなった。

データを保管する国、場所を選択できる「Data Localization Suite」を提供

 現在、世界中の多くの国がデータアクセス、保護、プライバシーに取り組むために新たな基準や規制を導入していることから、その結果、企業はリージョンごとにデータ制御の評価と設定をおこなう必要がある。

 これまで、データのローカライズを望む企業は、データセンターを1ヵ所またはクラウドプロバイダーの1リージョンに限定しなければならないことが多く、その結果、パフォーマンスまたはセキュリティに支障をきたしていた。Data Localization Suite機能は、Cloudflareのグローバルネットワークによってパフォーマンスおよびセキュリティ上のメリットをもたらすと同時に、エッジで自社データを保管および保護する場所のルール化や制御設定を簡単にするという。

 Cloudflare 最高技術責任者 ジョン・グラハム=カミング氏は、このソリューションが同社のプライバシーの保護の考え方にもとづくものとして、以下のように語った。

「インターネットは本来、プライバシーを考慮して設計されていません。Cloudflareは全ての製品、グローバルネットワーク、ビジネスにプライバシーとコンプライアンスを組み込んできました。Cloudflareは、インターネットをデフォルト設定でよりプライベートなものにすることを支援するテクノロジー、機能、アプローチを提案しています」

 またアプリケーションの開発においても、以下の点が重要になるとカミング氏は述べる。1)どこで開発のコードやデータを暗号化し、どこで復号化するかの国を指定できること、2)そのアプリケーションを使用、実行できる国を特定できること、3)使用する国のローカルルールに準拠したデータの保管ができること、などだ。

<p>John Graham-Cumming, Chief Technology Officer(ジョン・グラハム=カミング、最高技術責任者)</p>

John Graham-Cumming, Chief Technology Officer(ジョン・グラハム=カミング、最高技術責任者)

新たなプライバシー保護プロトコル

 また同社は、12月7日におこなわれた製品アナウンスの会見において、新たなプライバシー保護プロトコルを発表した。2014年以来、暗号化の導入促進を支援するため、Universal SSLの無料提供をおこなってきたが、それを継承し推進させるために以下の取組みをおこなうという。

  • Oblivious DNS over HTTPS の提供開始。 Apple および Fastly との共同設計による新プロトコル。Cloudflare のパートナーであるEquinix、PCCW Global、SURFの協力のもと提供を開始。

  • 産業パートナーおよび規格団体パートナーと連携し、ECHをはじめとする基礎的なプライバシープロトコルを促進。

  • OPAQUEのような パスワード不要認証プロトコルなど、開発最先端のテクノロジーを継続的に探求。

 Cloudflare日本代表の青葉雅和氏は、次のように述べる。「日本企業が、日本および世界中で成長していくためには、データの局所性、プライバシー、コンプライアンスのニーズに対応するためのより優れたツールを用意することが重要。今回のローンチにより、日本のお客様に、グローバルなセキュリティとパフォーマンスを損なうことなく、地域のデータを決定できる柔軟性を提供していきたい」

<p>クラウドフレア・ジャパン株式会社 日本代表 青葉雅和氏</p>

クラウドフレア・ジャパン株式会社 日本代表 青葉雅和氏

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13697 2020/12/10 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング