SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「ジェネレーティブデザイン」でモノづくりを変える オートデスクの製品戦略

 前回に続き、パッケージアプリケーションの永久ライセンスの売り切りモデルからサブスクリプションモデルへの移行に成功したオートデスクの戦略を紹介。その成功要因となった、BIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling)、ジェネレーティブデザイン、コンバージェンスなどの製品コンセプトについて解説してもらった。

BIMで実現するコラボレーション

 日本におけるこれまでのモノづくりの仕事のやり方を振り返ると、設計者やデザイナーは主に紙の図面で仕事をしてきた。オートデスクは2次元CADアプリケーションのビジネスで成長してきた会社ではあるが、これから直面するモノづくり環境の変化を視野に入れ、3Dテクノロジーの活用を促すことを進めてきた。現在の同社は、顧客ニーズの変化を踏まえ、「連携・コラボレーション」「自動化」「コンバージェンス」「開発環境」という4つの柱を製品戦略の中心に据えている(図1)。

図1:オートデスク製品戦略の4つの柱 出典:オートデスク[クリックして拡大]

 第1の柱の「連携・コラボレーション」で重要な前提が、BIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling)と呼ばれる考え方である。BIMデータにはコンピューターで作成した3次元の形状情報に建物の属性情報が付加されている。たとえば、建物の壁の場合、従来のCADデータは形状の情報だけを含むが、BIMデータには材質、厚さ、提供メーカーなどの属性情報が付加されている。2つの見た目は同じでも、BIMデータは設計以降の後工程でのコミュニケーションや理解促進に役立つとわかる(図2)。

図2:CADデータとBIMデータの違い 出典:オートデスク[クリックして拡大]

 これまでの日本では設計は設計、施工は施工と工程ごとに個別最適化した3Dデータを使ってきたが、それが大きく変わろうとしている。かねてから深刻化する人手不足を背景に、国土交通省は2016年から「i-Construction」を掲げ、テクノロジーを活用することを奨励してきた。2017年11月に「3次元データ利活用方針」を発表。さらに2020年2月には2025年度に全事業でBIM/CIMの原則適用を目指す方針を示した。先行する海外と同様に、日本でも設計から施工、維持管理でも3次元モデルを活用し、プロジェクト全体における関係者間の情報共有やプロセス全体の効率化と高度化を進めることが期待されている。

 BIMが登場したのは1990年代と古いが、オンプレミス全盛期には建造物のライフサイクル全体を通して共通の3Dモデリングデータを共有するというアイデアを実行に移すのは難しかった。しかし、環境がクラウドに変われば話は変わってくる。Autodesk BIM 360は「Connected BIM(つながったBIM)」をビジョンに掲げる製品である。加藤氏は「クラウドをデータの置き場所としてではなく、データを活用するための連携基盤として使ってもらう」とその狙いを語る。

 すでに成果を得た企業も出てきた。代表的な成功例として、ある建設会社では図面修正時間を50%削減、点検業務の報告書作成を40%削減したという。また、日本でも住宅総合メーカーの大和ハウス工業がクラウドでのコラボレーションを実践し、成果を得ている。同社の場合、元々はオリンピック対応のために設計者のテレワーク環境の整備を進めたが、コロナ禍でもその環境を有効活用できた格好だ。現場で施工状況を確認しながら、リアルタイムに報告することで後工程の作業を従来比で4割削減できた。工事現場に行って状況を確認し、事務所に戻って報告書を作るのには時間がかかるが、クラウドでデータを活用すれば、現地から直接報告ができる。ニューノーマル時代の建設業の新しい働き方を示す好例と言えるだろう。

次のページ
人間とAIが共同で進める設計

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13834 2021/01/22 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング