EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ファーストリテイリングとNTTデータがGoogle Cloudを通して描く世界とは 「Google Cloud Day: Digital ’21」で語るビジネスの将来像

  2021/05/31 09:00

 5月25日から開催された「Google Cloud Day: Digital ’21」では、ただクラウドを利用するのではなく、その先にさらなる成長を描いている企業が集まり、多くのセッションで個性豊かな取り組みが披露された。今回はその中から、基調講演「Data-powered innovation」に登壇したファーストリテイリングとNTTデータによる取り組みを踏まえて同日開催された、メディア向け説明会の様子をお届けする。

4つのクラウドでDXを加速

Google Cloud 日本代表 平手智行氏
Google Cloud 日本代表 平手智行氏

 あらゆる業界でデジタル化やDX推進が掲げられるようになったように、コロナ禍で変革の必要性を強く認識する企業が増えている。それを実現するための手段は多くあるが、基盤の1つとして欠かせないのがクラウドの存在だろう。Google Cloud 日本代表の平手智行氏は、「思考の変化にともなって新しいテクノロジー要件が求められています。そして、その要件を満たし、トランスフォーメーションの加速を実現するものがクラウドだと考えています」と述べる。

 Google Cloudは、ビジネスインテリジェンスに欠かせないデータ分析を支援する「データクラウド」、ハイブリッドマルチクラウドを実現する「オープンクラウド」、生産性やコラボレーションを実現する「ピープルクラウド」、ビジネスに重要な要素を保護する「トラステッドクラウド」という、4つのクラウドで変革を支援するという。

[画像クリックで拡大]

 また、DXの加速を支援するために業種別に特化したデータソリューションも用意されている。平手氏は、「アプリケーションとインフラストラクチャのモダナイゼーションをベースとしながら、即時性と汎用性が高い形でデータを収集、正規化、分析することでビジネスの知見を獲得する。これはすべての業種で求められており、必須の状態になっていると考えています。また、コラボレーションやデータセキュリティについても同様であり、幅広いソリューションを提供しています」と説明する。

[画像クリックで拡大]

 実際に、こうしたGoogle Cloudの特性を事業に活かしている企業として、ファーストリテイリングとNTTデータが登壇。まずは、ファーストリテイリング グループ執行役員を務める田中大氏が取り組みを語り始める。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5