SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

ファーストリテイリングとNTTデータがGoogle Cloudを通して描く世界とは

「Google Cloud Day: Digital ’21」で語るビジネスの将来像

 5月25日から開催された「Google Cloud Day: Digital ’21」では、ただクラウドを利用するのではなく、その先にさらなる成長を描いている企業が集まり、多くのセッションで個性豊かな取り組みが披露された。今回はその中から、基調講演「Data-powered innovation」に登壇したファーストリテイリングとNTTデータによる取り組みを踏まえて同日開催された、メディア向け説明会の様子をお届けする。

4つのクラウドでDXを加速

Google Cloud 日本代表 平手智行氏
Google Cloud 日本代表 平手智行氏

 あらゆる業界でデジタル化やDX推進が掲げられるようになったように、コロナ禍で変革の必要性を強く認識する企業が増えている。それを実現するための手段は多くあるが、基盤の1つとして欠かせないのがクラウドの存在だろう。Google Cloud 日本代表の平手智行氏は、「思考の変化にともなって新しいテクノロジー要件が求められています。そして、その要件を満たし、トランスフォーメーションの加速を実現するものがクラウドだと考えています」と述べる。

 Google Cloudは、ビジネスインテリジェンスに欠かせないデータ分析を支援する「データクラウド」、ハイブリッドマルチクラウドを実現する「オープンクラウド」、生産性やコラボレーションを実現する「ピープルクラウド」、ビジネスに重要な要素を保護する「トラステッドクラウド」という、4つのクラウドで変革を支援するという。

[画像クリックで拡大]

 また、DXの加速を支援するために業種別に特化したデータソリューションも用意されている。平手氏は、「アプリケーションとインフラストラクチャのモダナイゼーションをベースとしながら、即時性と汎用性が高い形でデータを収集、正規化、分析することでビジネスの知見を獲得する。これはすべての業種で求められており、必須の状態になっていると考えています。また、コラボレーションやデータセキュリティについても同様であり、幅広いソリューションを提供しています」と説明する。

[画像クリックで拡大]

 実際に、こうしたGoogle Cloudの特性を事業に活かしている企業として、ファーストリテイリングとNTTデータが登壇。まずは、ファーストリテイリング グループ執行役員を務める田中大氏が取り組みを語り始める。

次のページ
Google Cloudと目指す「Life Wear」の実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14442 2021/05/31 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング