EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

イノベーションには「輝かしい失敗」が必要:紺野登/野中郁次郎/ポール・イスケ 第15回 トポス会議:紺野登氏、野中郁次郎氏、ポール・イスケ氏

  2021/06/29 08:00

失敗には価値があり、学んで成長することができる

 失敗についての新しい見方を身に付けてほしいと思います。私は多くの失敗を見て、私自身も多くの失敗を経験しました。いい気持ちはしません。お金も時間もかかります。たとえば年金を失うこともあり、仕事を失う、プロジェクトを中止する、誰かと関係を断ち切るなど痛みを伴います。それは否定できません。

 ただもう一つの視点を加えることができます。うまくいかないけれども何か学ぶことがあった、何らかの成果があった、強くなれたという新しい視点です。そうした視点を持つことによって、成長することができます。失敗から学ぶということが重要です。失敗のコストはもちろんありますが、失敗の価値ということもあるのです。失敗について議論できない、許されないという環境では、失敗の価値を見出すことはできません。価値を認めることは大事です。

 私はオランダで「倒産」について調べました。どこの国でも大きな問題です。お金だけではありません。周囲が「奴は失敗者だ」という目で見ます。もう一度トライしようとしても「前に失敗したから・・・」というリアクションが来ます。そこで破綻して、その後成功した人たちの研究をしました。調べたすべての人が、失敗から学んだおかげだと言っていました。これはヨーロッパのフェニックス研究所でも言われていることです。

 私たちはすべての失敗を喜ぶべきでしょうか?そんなことはありません。「輝かしい失敗」は普通の失敗と何が違うのか?私たちは定義しています。

「輝かしい失敗」:価値創造のため周到な準備をして、たくさんのエネルギーを注ぎ込み、ベストを尽くし、最終的にうまく行かなったが、多くのことを学べること

この定義では足りないかもしれません。「私の失敗はどのくらい輝かしいのか」と聞く人もいるでしょう。私は理論物理学者でもあり、「失敗」の計算式をつくりました。皆さんの失敗がどのくらい輝かしいかの計算です。

BriFa(Brilliant Failure)スコア= V × I × R × A × L

V = ビジョン 何を達成しようとしたのか(どんな価値を)
I = インスピレーション どのていどエネルギーをつぎ込んだか
R = リスク管理 リスクを制御したか
A = アプローチ 準備や協力、知識を生かしたのか
L = 学習体験 学んだことを応用、共有できるか

この5つのスコアを合わせると輝かしい失敗の結果が表れます。

失敗を生かし、学ぶ環境を整備する

 ここで宇宙に目を向けてみます。宇宙は目に見えるものだけでは理解できません。暗黒物質、暗黒エネルギーのことを説明できなければ宇宙は説明できないのです。宇宙にあるほとんどのエネルギーや物質は目に見えないものです。しかしこれが重要です。それは知識も同様ではないでしょうか。ほとんどの知識は目に見えず、話題にもしません。そんな勇気もありません。それは失敗につながっているからです。見えない知識を無視するならば、95%の知識が消えてしまうことになるでしょう。ですから、ぜひ「暗黒知」に光を当ててください。私たちの社会が持つ知的財産を理解してほしいと思います。暗黒物質、暗黒エネルギーと同じように、私たちの社会には「暗黒知」というものがあります。暗黒知を理解できれば、私たち自身や社会のことをより深く理解できます。そしてコロナに立ち向かうようなチャレンジも可能になります。そのためには様々な条件を整備することが必要です。

 心理的に安全で安心できる環境、また適度なパフォーマンスへの圧力があるところでは学んで、成長していくことができます。こうした環境では失敗を受け止められ、成果を手にすることができます。それは文化によっても差異が発生します。このグラフは文化と価値の関係を表したものです。世界の国々で文化による違いにどういう特徴があるかを見ました。

  • Power Distance 権力格差
  • Individualism 個人主義(あるいは集団主義)
  • Masculinity 男らしさ(あるいは女らしさ)
  • Uncertainty Avoidance 不確実性の回避
  • Long term Orientation 長期的志向(あるいは短期的志向)

 などの指標で各国を比べるとかなりの違いが見て取れます。日本とオランダではかなり異なった傾向があります。長期的志向性が日本は高いですが、これは失敗から学ぶ環境がしっかりとあるとことが伺われます。

この比較は、https://www.hofstede-insights.com/product/compare-countries/ を使用して作成されています。

関連リンク

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5