Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ココリンク、仮想サーバー向けソフトウェアロードバランサ

2009/05/27 13:30

26日、ココリンクとインフォーテックは、仮想化環境でロードバランシング機能を実現するソフトウェアアプライアンスの販売を開始したと発表した。仮想サーバー上で動作するロードバランサ「バーチャルロードVer.2.0」は、仮想サーバーにActive-Active構成のロードバランサを構成し、ウェブサーバーなどの負荷分散や高可用性運用を実現するものだ。

 ココリンクとインフォーテックは、仮想サーバー上で動作するロードバランサ「バーチャルロードVer.2.0」の販売を開始すると発表した。「バーチャルロードVer.2.0」は、ロードバランサのソフトウェアアプライアンス製品のため、専用のハードウェアを必要とせず、また仮想サーバーのVM上で動作させることができる。

 ロードバランシングの機能は、2つの仮想サーバーを稼働させることでActive-Active構成による負荷分散を行うことができる。そのため、価格も88万円からと同等なハードウェア構成によるシステムよりも低コストで導入が可能で、ハードウェアの設置や導入などの手間も削減できる。

 「バーチャルロードVer.2.0」が対応している仮想化ハイパーバイザーは、VMware ESX/ESi 3.5とVMware Server 2.0となっている。これらのハイパーバイザーが動作している環境ならハードウェアは汎用的なものでもよい。監視できるサービスやプロトコルは、FTP, SMTP, HTTP, POP, POPS, NNTP, IMAP, IMAPS, LDAP, HTTPS, DNS, MySQL, PostgreSQL, SIP, SSH, TCP/IPと、たいていのサービスの負荷分散が可能だ。
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5