EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

【寄稿:アバナード】調査から見えてきた「デジタル倫理」の4つのポイント

edited by Operation Online   2021/07/08 00:00

 マイクロソフトとアクセンチュアの合弁会社 アバナードでは、毎年、デジタル倫理に関する調査を世界のビジネスおよびテクノロジーのリーダーを対象に実施している。今回の寄稿では、2020年の調査結果をもとに、アバナードのCTIO(最高技術革新責任者)星野友彦氏が、コロナ禍で利用される個人情報の是非、デジタル技術によるASD傾向の方の支援など、絶対に外せないデジタル倫理の4つのポイントを解説する。

「デジタル社会の今、便利さと利益追及だけでいいのか」

コロナ禍で利用される個人情報の是非、デジタル技術によるASD傾向の方の支援など、絶対に外せないデジタル倫理の4つのポイント(日本を含む世界の調査結果より)

 予想外の厳しい1年を終え、2021年度がスタートし、半年が経過しました。私たちは健康、政治、商業、教育、刑事司法、社会交流など、今日、あらゆるものにデジタル技術が関わっていることを実感しています。そのような中で、テクノロジーを再考する(Rethink[※1]ことで、私たち自身と私たちの組織に新たな活力をもたらすことができる多くの方法があります。

 しかし、その活動の中で私たちは倫理的な判断[※2]を誤らないようにしなければなりません。なぜなら、私たちがどのようにテクノロジーを設計、開発、展開するかが、私たちの生活や他の人々の生活に多大な影響を与えるからです。

 申し遅れましたが私はアバナード株式会社でCTIO(最高技術革新責任者)をしている星野友彦です。私たちアバナードは、マイクロソフトとアクセンチュアの合弁会社です。世界4万人以上の従業員を有し、日々お客様のテクノロジー課題や経営課題と向き合っています。

 私たちは、毎年、デジタル倫理に関する調査を世界のビジネスおよびテクノロジーのリーダーを対象に実施し、結果を公表しています。今年も2020年に行った調査結果が出ました。調査対象国には日本も入っています。

 以下では、今年展開されると予想される最も重要で緊急性の高いデジタル倫理のストーリーを4つ紹介するとともに、私たちがどのように前進していけばよいのかを示しつつ、アバナードのグローバルデジタル倫理調査(2020年8-9月実施、800人のビジネスおよびテックリーダーに実施)の結果からいくつかのハイライトを紹介していきます。

コロナ対策とプライバシーの配慮の問題

 コロナウイルスの蔓延を防ぐと同時に、経済を活性化させるために、私たちはテクノロジーを大いに活用しました[※3]。接触追跡アプリや発熱スクリーニングシステムから、宅配便や非接触型の商取引、オンライン教育や法廷手続き、在宅勤務やヘルスケアまで。私たちの生活の中で、デジタル技術によって促進されたり追跡されたりしないものは、日々少なくなっています。

 アバナードが実施したグローバルデジタル倫理調査によると、技術投資の優先順位が、健康とプライバシーのバランスを含めたデジタル倫理の多くの側面について、ビジネスリーダーや技術者の考え方に影響を与えていることがわかりました。例えば、従業員の健康と安全がテクノロジー関連支出の優先順位のトップ3に入っていると答えたリーダーのうち、26%が機密性の高い個人データを使用する際の倫理的問題への対応について否定的な見解を持っていましたが、従業員の健康と安全をテクノロジー関連支出の優先順位のトップ3に入れていない企業のリーダーでは20%にとどまりました。企業や政府が人々の安全を守るために収集するデータが増えていることを考えると、このような懸念を表明し、組織が収集したデータをどのように使用するのかを明確にすることが重要です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 星野 友彦 (ホシノトモヒコ)

    CTIO(最高技術革新責任者) アバナード株式会社 数社のSIerを経由し、2006 年アバナード株式会社に入社。ハイテクや製造業、金融など幅広い業界、数多くのプロジェクトに対し、システムアーキテクト、ITコンサルタントとして、システムインテグレーションに携わる。2012年、日本のモバイル事業責任者に就任し、エンタープライズ・モバイル・ビジネス・ソリューションの提案から実現に従事。2016年、日本のIoT事業責任者に就任、2017年デジタル部署にてIoT、モバイルを利用した社員向けの働き方改革の責任者に就任。2018年5月より最高技術革新責任者として、アーキテクトとしての豊富な経験と、最先端のデジタル技術(IoT、AI、xR[eXtended Reality]など)を用いて、顧客のビジネスを差別化していくためのセミナー講演、ソリューション提案、コンセプトの実証、業務改革などを実施。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5