SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Day 2021 レポート(AD)

米国最新事例から考察 ハイブリッド化するビジネス環境への対処法とは

アクイアジャパンが提唱するDX実現に向けたステップ

ハイブリッド化に対応した“DXのための顧客接点強化”を段階的に実現

 アクイアが最も価値を提供できるのが、企業内などに数多くあるサイトをまとめられることだ。アクイアは、100%クラウドのシステムを使いインフラ管理工数を削減、プラットフォームを集約して一元管理を実現できる。「ゆるい中央集権という言葉をよく使うのですが、本社で管理すべきところはしっかり本社で、各拠点などで管理したほうが会社として動きやすいところは、承認システムなどを使い責任区分を分けて管理できます」と石井氏。プラットフォームを統一化すれば、ユーザーやトラフィックの情報も一本化され、企業全体として顧客の動きの見える化もしやすくなるという。

DX推進の第一歩は、企業負荷を減らす取り組みから
DX推進の第一歩は、企業負荷を減らす取り組みから
[画像クリックで拡大]

 これらに既に取り組んでいるならば、次のステップでは顧客接点の統合と可視化を行う。コロナ禍が過ぎればやがてはオフラインでの接客なども戻り、ハイブリッド化への対応が求められる。これに対処するには、単に情報をまとめるのではなく、情報の入り口をまとめる必要がある。Webサイトやアプリケーション、メールマガジンなどのオンラインもあれば、名刺交換や展示会でのアンケートなどオフラインで入ってくる顧客情報もある。これらをバラバラに管理していると、名刺情報が埋もれたり、個人に帰属し共有できなかったりするだろう。アクイアなら、オンライン/オフラインから入ってくる顧客情報も容易にまとめられる。

「Drupal Cloud]なら既存コンテンツを集約管理し、幅広い顧客接点を創出できる
「Drupal Cloud」なら既存コンテンツを集約管理し、幅広い顧客接点を創出できる
[画像クリックで拡大]

 さらに、オンラインはWebサイトだけでなく、FacebookやInstagram、LINEなどのSNS、Eメールやデジタルサイネージ、音声を使うオーディブルデバイスなど様々なものがある。コンテンツの出し先も多様化しており、それらにコンテンツを効率的に配信、管理することも、アクイアなら可能である。

 アクイアのサービスは、国内大手パートナー企業から提供できるので、身近のパートナーに是非相談して欲しいと石井氏。アクイアでは、顧客コミュニケーションの見直しと収益改善のための“DXのステップ”を提案し、実施している。CMSの導入によるオンライン顧客接点の強化から、マーケティングオートメーションを使った1to1メッセージの実現、さらにはコンテンツのパーソナライズや顧客情報基盤の構築など、ステップを踏み段階的に実現できるようサポートしていると言いセッションを締めくくった。

【レポートをダウンロード】
米GARTNER(ガートナー)社発表、2021年版 MAGIC QUADRANT FOR DXP にて
アクイアが「リーダー」に選出

米Gartner(ガートナー)社から発行されるマジック・クアドラントでアクイアがリーダーに選出されました。この評価は、同社のビジョンの全体的な完全性と実行能力を分析した特定の基準に基づいています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Day 2021 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14646 2021/09/21 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング