EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DXの「Dの痛み」を緩和し成果をあげるWalkMeのデジタルアダプション WalkMe株式会社 代表取締役社長 道下和良氏 講演

  2021/08/19 10:00

 激しく変化する経済環境に適応しようと努力する企業が必死に進めているDX。その一方で、新しく導入したテクノロジーの定着化に悩む企業も少なくない。6月25日に行われたEnterpriseZine Day 2021では、デジタルシステムを使いこなすための「デジタルアダプション」をテーマに、WalkMeの道下社長が事例と共にストレスなくテクノロジーを使いこなす方法を紹介した。

DXを進める過程で直面する2つの痛み

WalkMe株式会社 代表取締役社長 道下和良氏
WalkMe株式会社 代表取締役社長 道下和良氏

 1人のビジネスパーソンとして、あるいは生活者として、皆がデジタルテクノロジーに向き合う時代が到来している。しかし、全てのデジタルの仕組みが使いやすいか、全員がデジタルネイティブのようにテクノロジーを自由自在に使いこなせているかと問われると、そうとは言い切れないのが現状だ。誰もが迷いやストレスなくデジタルテクノロジーを使えるようにしたい。そんな世界を実現することをミッションに、デジタル定着化のためのプラットフォーム製品を提供しているのがWalkMeである。

 2011年にイスラエルで創業したWalkMeは、「組織へのテクノロジー定着化」一筋にビジネスを展開してきた。新しいテクノロジーを導入したはいいが、使われないシステムができてしまうのを防ぎ、より多くの人たちがテクノロジーから価値を引き出せるようにする。それがWalkMeの考える「デジタルアダプション」である。顧客数は全世界で2,000社以上。その中には、Fortune 100企業の過半数が含まれる。得意としているのはSalesforceやSAP製品の定着化であるが、自社開発の基幹情報システムやWebサイトにも使えるという。日本でのビジネス展開は、2019年6月の東京オフィス開設に始まる。以来、国内導入企業は50社を超えた。2021年6月16日には、NASDAQに株式の新規公開も果たしている。

 道下氏は「デジタルアダプションという考え方はイスラエル発ではあるが、日本でも現場のニーズを受けてソリューションを提供し、業務に役立ててもらうことができる『リアルなフェーズ』に入った」と語る。デジタル活用が進むほど、見落としていたこと、あるいはわかっていても目を背けていた本質的な課題がクローズアップされてくる。「DXの痛みには、D(デジタル)に起因するものとX(トランスフォーメーション)に起因するものの2つがある」と道下氏は指摘した。

 「痛みを伴う変革」という言葉が示すように、変革にさらされる人たちは痛みを感じるものだ。痛みがあれば変革のスピードはどうしても遅くなる。最悪の場合は計画自体が頓挫し、それまでの投資が無駄になることもあるだろう。だが、「Dに起因する痛みは、Xに起因するものと比べて緩和できる」と道下氏は主張する。WalkMeは、Dに起因する痛みを緩和することを「デジタルアダプション」と呼び、その解決に焦点を当てた製品を提供していると説明した。


著者プロフィール

  • 冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

     IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタントとして活動中。ビジネスとテクノロジーのギャップを埋めることに関心があり、現在はマーケティングテクノロジーを含む新興領域にフォーカスしている。

  • 関口 達朗(セキグチ タツロウ)

    フリーカメラマン 1985年生まれ。 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。大学卒業後、小学館スクウェア写真事業部入社。契約満期後、朝日新聞出版写真部にて 政治家、アーティストなどのポートレートを中心に、物イメージカットなどジャンルを問わず撮影。現在自然を愛するフリーカメラマンとして活動中。

バックナンバー

連載:EnterpriseZine Day 2021 レポート
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5