Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

テレビ番組のように仮想デスクトップ/アプリの配信を可能にする「Citrix Receiver」

2009/05/28 11:00

シトリックス・システムズ・ジャパンは27日、テレビ操作の感覚で仮想デスクトップやアプリケーションにアクセスができる「Citrix Receiver」を発表した。仮想デスクトップやアプリケーションなどはオンデマンドでヘッドエンドサーバーから配信されるもので、端末側(Citrix Receiver)はPCに限らずスマートフォンやPDAなどデバイスを選ばず透過的なサービスを会社、自宅、外出先へ提供する。

 シトリックス・システムズ・ジャパンは27日、仮想デスクトップやアプリケーションをデバイスに依存せず配信できるようにする「Citrix Receiver」を発表した。「Citrix Receiver」は、PC、Mac、スマートフォンなど多数のデバイスに対応したクライアント側のソフトウェアだ。仮想デスクトップやアプリケーションは、中央管理型のヘッドエンドコントローラからオンデマンドで配信され、「Citrix Receiver」がバックグラウンドで配信される信号、データを処理する。

 この機能によって、ユーザー側は、会社、自宅、外出先など異なるデバイスでも透過的に中央サーバーからの仮想アプリを、衛星放送やケーブルテレビを視聴するかのように利用できるという。ヘッドエンドコントローラでは、XenApp、XenDesktopなどCitrix Delivery Centerのファミリ製品が実際のサービスを配信する。「Citrix Reciever」がインストールされたデバイスは、たとえばiPhoneだとしても、Windows用のアプリケーションも利用できる。

 実際、「Citrix Receiver」はデリバリセンターのブラウザのように機能し、デバイス対応などの追加機能はプラグインとして拡張できるという。このことは、アプリケーション開発ベンダーにとっても、デバイスやOSごとにアプリケーションを用意しなくても、デリバリセンターと「Citrix Receiver」の環境を前提にすれば、1種類の開発をすれば済むことにもなる。
 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5