EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウド時代に注目を集める「FinOps」とは何か 誕生の背景から紐解く 【第1回】FinOps誕生の背景と新たなオペレーティングモデルの必要性

  2021/08/30 08:00

 FinOpsはクラウドの変動費モデルに対する財務面での説明責任をもたらし、関係するステークホルダーの連携を促進することで、「スピード」「コスト」「品質」間のトレードオフを行いながらビジネス価値の最大化に貢献するメソドロジーです。連載の第1回となる今回は、FinOpsが生まれた背景やFinOpsの概要を中心に紹介します。

FinOpsが生まれた背景

 今日においては多くの企業がクラウドファーストを実践し、AWSやAzure、GCPなどのパブリッククラウド(以下、クラウド)を利用するケースが増えており、日本国内におけるクラウドの利用額は年々右肩上がりに増加しているのはご承知の通りです。またGartner社の予測では2022年にはクラウド支出が3,600億ドルに達する見込みであり、米国ではIaaSへの年間支出が500億円を超えるような企業も存在しています。

 クラウドは、イノベーションやアジリティを促進出来るとともに“失敗コスト”を低く抑えられるなどの利点があります。その一方で、従来のオンプレミス環境とは異なり、変動費かつOpEx(Operating Expense)主体の費用であり、従量課金による請求は秒・時間単位などとなります。

[画像クリックで拡大]

 また、部門やチーム内の決裁で導入できるケースも多く、結果的にチーム間のサイロ化が起きやすい状況を生み出すこともあります。加えて、クラウドリソースの消費量が刻々と変化し、将来発生するコストが予測しづらいなど、従来とは異なる面が多々あるため新たなオペレーティングモデルが求められているのです。

FinOpsとは?

 そのような背景もあり登場した“FinOps”は「システム」「ベストプラクティス」「カルチャー」で構成された、クラウドのための新しいオペレーティングモデルです。立場や役割が異なる「経営層」「ファイナンス」「エンジニア」「ビジネス部門」などのステークホルダー間の協力関係を醸成し、「スピード」「コスト」「品質」間のトレードオフを行うことで、ユニットエコノミクス[※1]を改善。これにより、他社との競争力の向上をもたらします。

 つまりFinOpsはコスト削減だけに焦点が当てられたものではなく、「収益の増加」「顧客基盤の拡大」「製品や機能のリリーススピードの向上」といったビジネス価値を向上させるものなのです。

[※1] ユニットエコノミクス:直訳するとユニット単位での事業の経済性を測定する管理手法です。売上高や会員数などのビジネス指標あたりのクラウドコスト(例:1会員あたりにかかるクラウドコスト)を測定した値であり、これを用いることで会話のレベルが「いくら消費したか?」から「効率性やクラウド利用の価値」にシフトします。

[画像クリックで拡大]

 一方で、FinOpsを導入しない場合の影響は何でしょうか? 以下は「Cost Management in the Cloud Age(回答者数=451)」[※2]の調査結果の抜粋です。

  • クラウドファイナンス管理の不備がビジネスに悪影響を及ぼした=回答割合 80%
  • 予算を超過した=回答割合 85%
  • クラウドのコスト管理が日々の悩みになっている=回答割合 57%

 スピードとイノベーションを重視しているとクラウドコストは高騰しがちです。その結果、企業は支出を抑制し、イノベーションが損なわれ、結果的に企業の競争力が低下する危険性があります。このような点からもビジネスとコストの両面での課題を解決する、あるいは将来生じる課題を回避するためには、クラウドに適した新たなオペレーティングモデルが必要であることをご理解いただけたかと思います。

[※2] 「CLOUD MANAGEMENT REPORT 2017」(CloudCheckr)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

  • 宮原 一成(ミヤハラ カズナリ)

    Apptio株式会社 セールスディレクター 早稲田大学卒業後、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に入社。大手企業向け営業、営業マネージャ、ソリューション営業マネージャを経て、2016年にチームスピリットに入社。2017年から取締役としてマーケティング、セールス、コンサルティング、カスタマーサクセスを管掌後、2020年12月にApptio株式会社に入社。

  • 東本 成紀(ヒガシモト ナルキ)

    Apptio株式会社 エンゲージメント マネジャー 早稲田大学卒業後、外資系コンサルティング会社(Big4)に入社。ERP導入プロジェクトに従事。その後、外資系コンサルティング会社、SaaSベンダーにて、グローバルプロジェクト支援を中心に、ERP導入(ロールイン・ロールアウト)、DXプロジェクトなどにて構想立案から実装に至るまでのコンサルティング経験、プロジェクトマネージメント、PMO支援など経験。2020年8月、Apptio株式会社に入社。Post Graduate Diploma修了, PMP Certified.

バックナンバー

連載:クラウド時代のオペレーティングモデル「FinOps」入門ガイド
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5