SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

花王のデジタルリモート決算は「PDCA」ならぬ「DCAP」アプローチで実現

 ブラックラインは8月18日から19日にかけて年次イベント「BeyondTheBlack TOKYO 2021」をオンラインで開催した。2日目の事例セッションに登場した花王は、「BlackLineを開けば決算業務が完結=在宅100%の完全デジタルリモート決算に向けた取り組み」と題した講演で、BlackLine導入から始まった経理業務の変革の過程を解説した。

「出社率10〜20%」要請で気付いた投資の偏り

(左より)花王株式会社 会計財務部門 管理部長 牧野秀生氏
花王株式会社 会計財務部門 管理部 部長(制度会計担当)今川康則氏

 「豊かな生活文化の実現」をミッションに、日本を代表する消費財メーカーとして知られる花王。2020年12月期の連結売上高は1兆3819億円にのぼる。その売上の多くを占めるのが、衛生と生活に関する製品を扱う「ハイジーン&リビングケア事業(36.4%)」、身体ケア製品の「ヘルス&ビューティケア事業(26.2%)」である。「化粧品事業(16.9%)」を含めてB2Cのビジネスが多くを占めるものの、B2Bのケミカル事業(16.7%)もこれらに続く規模を誇る。海外売上高比率は38.2%。欧州、米州、アジア、日本の四極体制で事業を展開している。

 前半に登壇した管理部長の牧野氏は、経理畑が長く、海外現地法人でのコントローラーとしての経験も持つ人物である。2021年8月現在の花王グループの経理組織は、全世界で約700人。このうち国内は「経理企画部」「管理部」「財務部」に約230人が在籍しているという。

 古くは1990年代の「EVA導入」から始まり、2000年代は「同時決算迅速化・グローバル化」、2010年代に入っては「同時連結・効率化」などの取り組みを進め、常に現状を否定し、どうすればよくなるかを追求してきたのが花王の経理部門のDNAである。「絶えざる革新」を当たり前のこととして実践するほど先進的な花王でも、2020年初めの新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務へのシフトには戸惑うところも多かったようだ。

 12月決算の会社ということもあり、年次決算では毎年2月がピークとなる。会社全体の出社率を30%にするようにとの要請があったのが同年3月のこと。花王はメーカーなので、生産部門の出社率はもっと高くても良いが、「経理のような間接部門は出社率を10〜20%に抑えることが求められた」と牧野氏は当時を振り返る。

 いざ在宅勤務で業務を進めようとして気付いたのは、制度会計分野への投資が手薄だったことだ。図1の左側では、「Deloitte Financial Assessment Wheel(Deloitte保有のファイナンス組織診断のフレームワーク)」に沿って、これまでの取り組みをマッピングした結果を示している。このフレームワークでは、ファイナンス組織が持つべき機能を、「Business Finance(管理会計)」「Operational Finance(制度会計)」「Specialized Finance(税務会計)」「Organization & People」Process & Policy」「Information & System」の6領域で整理している。改めて制度会計周辺の業務プロセスを調べてみたところ、手作業で行っている業務や手書きのサインを必要とする業務が多いことが判明した。

図1:ファイナンス組織診断フレームワークとの照合で気付いた投資の必要性 出典:花王[クリックして拡大]

次のページ
DCAPアプローチで進めたBlackLine導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14915 2021/10/26 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング