SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Day 2021レポート(PR)

DX時代の要請に応える“シリコンレベル”のセキュリティとは 4領域を柱としたHPEのDX支援戦略

製品ライフサイクルでセキュリティを担保

 HPEが実現するハードウェアセキュリティとはどのようなものなのか? 橘氏は、製造・流通――構築・運用――廃棄という製品のライフサイクルになぞって説明した。

 製造段階の脅威として橘氏があげるのが、「サプライチェーンリスク」だ。サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃で、情報処理推進機構(IPA)が作成した2021年の「情報セキュリティ10大脅威(組織編)」(PDF)でも、2年連続で4位に入っている。

 橘氏によると、HPE製品は「サーバー構成ロック」「プラットフォーム証明書」などの技術で、これに備えることができるという。

 サーバー構成ロックは、デジタルフィンガープリントの生成により、サーバーの構成の変更を起動時にチェックするもの。システムボード、CPU、メモリ、PCIeスロット、セキュリティ構成、システムファームウェアが対象で、HPEの工場から顧客先への出荷、顧客が拠点間で移送する際などでの利用を想定している。

「サーバー構成ロック」でサプライチェーンリスクなどに備える
「サーバー構成ロック」でサプライチェーンリスクなどに備える
[画像クリックで拡大]

 プラットフォーム証明書は、製造時から改ざんが行われていないことを証明するもので、より強固なサプライチェーンリスク対策として提供するもの。こちらは、現在北米工場にて、一部の製品で開始しているという。

 橘氏はもう一つ、ゼロトラスト対応として顧客ネットワークへの安全な接続のための機能も紹介した。標準技術である「802.1 AR(Secure Device Identity)」を利用するもので、HPE工場でIDevID(Initial Device Identifier)をサーバーに格納する。これにより、各設置場所に専任の技術者を派遣することなく、ゼロタッチで安全な接続が確立するという。この機能も、北米工場の一部製品でスタートしている。

「ゼロタッチ」でネットワークへの安全な接続を確立
「ゼロタッチ」でネットワークへの安全な接続を確立
[画像クリックで拡大]

次のページ
ファームウェア攻撃から保護する「Silicon Root of Trust」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Day 2021レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15006 2021/11/09 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング