SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Day 2021レポート(PR)

DX時代の要請に応える“シリコンレベル”のセキュリティとは 4領域を柱としたHPEのDX支援戦略

Edge to Cloud時代に向けハードウェアセキュリティも進化

 今後はどのようなセキュリティ機能が実現するのか――橘氏は最後に、進行中の取り組みについても触れた。

 最初に紹介したのは、ネットワークインターフェイス(NIC)側の処理能力をセキュリティに利用するものだ。この分野のスタートアップである米Pensando社と提携し、Pensando社の「Smart NIC」を活用することで、サーバー通信の暗号化、マイクロセグメンテーションとステートフルファイアウォールを構築するなどの取り組みを進めているという。このようなハードウェア的な制御のメリットについて橘氏は、「ソフトウェア的な制御よりもシンプルでわかりやすい」と説明する。また、CPUやメモリリソースの節約、責任分界点がわかりやすい、などの利点もあると述べた。

Pensandoとの提携でよりセキュアに
Pensando社との提携でよりセキュアに
[画像クリックで拡大]

 次に、Edge to Cloudを安全にするHPEの新プロジェクト「Project Aurora」も紹介した。HPEが進める「Edge to Cloud Platform」でゼロトラストのセキュリティアーキテクチャを実現するというプロジェクトだ。

 具体的には、「Edge to Cloud Platform」を「サプライチェーン」「インフラストラクチャ」「OS/ハイパーバイザー」「プラットフォーム」「ワークロード」と5つのレイヤーに分け、レイヤー間で異なる脅威に対して、下位レイヤーから上位レイヤーへの認証を通じて、環境全体の正当性を担保していくというもの。「一貫して検証し続けることでセキュリティを担保するものです」という。

一貫してセキュリティを担保
一貫してセキュリティを担保
[画像クリックで拡大]

 サプライチェーンとインフラストラクチャの2レイヤーについては、Silicon Root of Trustなどで既に対応できており、今後は上の3レイヤーに対して実現していく。既に、クラウドネイティブセキュリティの「SPIFFE(Secure Production Identity Framework For Everyone)」ベースのサービスを提供するScytale社を買収するなど、準備を進めていることも報告した。

 Project Auroraの一部技術は、まもなくサービスの一環として提供される予定だという。「今後もセキュリティを戦略の柱とする、HPEの最新の取り組みに注目してほしい」と橘氏は述べた。

HPE 橘孝祐氏が解説する「HPEサーバー導入前のアドバイス ― セキュリティ編」

 HPEが公式ブログで連載している「導入前のアドバイス」においても、登壇者の橘孝祐氏が「HPE ProLiant サーバー」のハードウェアセキュリティについて解説しています! ぜひ、本記事とあわせて、「HPEサーバー導入前のアドバイス ― セキュリティ編」はこちらからご一読ください。

Gen10サーバーにおける“ハードウェアセキュリティ”を網羅したガイドブック

 本記事でも紹介した、ハードウェアセキュリティの詳細を網羅している「リファレンスガイドブック」(英語)をご用意! 13項目から知りたい情報を参照し、より理解を深めることができます。「リファレンスガイドブック」の詳細はこちら

Windows Server 2019:
オンプレミスとクラウドを橋渡しするオペレーティングシステム
Windows Server 2019とHPE ProLiantサーバーによって、顧客体験を向上させることができます。Windows Serverのセキュリティとアプリのイノベーションを利用して、オンプレミスへの投資をクラウドに橋渡しできるように支援することでビジネスの成長を促進します。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Day 2021レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15006 2021/11/09 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング