SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

クラウドコンピューティングの時代だからこそ「顔が見える」サービスが求められる


東京、京都のデータセンターを中核に、京セラコミュニケーションシステムはセキュリティやID管理などの豊富なサービスを提供してきた。同社の考えるクラウドコンピューティングの方向性、課題と解決策などについて話を伺った。

  企業のICT投資の最適化が求められる今、クラウドコンピューティングが注目されている。しかし、企業の生命線ともいえるITリソースを外部に依存する以上、そこで求められるサービスレベルはシビアだ。  京セラコミュニケーションシステムでは、東京と京都に設置したデータセンターを中核に、セキュリティやID管理などの豊富なサービスを提供してきた。同社の考えるクラウドコンピューティングの方向性、課題と解決策などについて話を伺った。

ICT投資の最適化で注目のクラウドコンピューティング

 グローバルな競争が激化し、市場が多様に変化する時代にビジネスを発展させていくためには、ICTの戦略的活用がポイントになる。

 一方、昨今の世界的な経済の混迷もあり、企業に対するICT投資を含めたコスト最適化の要求は高まるばかりだ。

 そこでICTインフラについても、すべての資産を自社で持つのではなく、必要なITリソースをサービスとして活用する「所有」から「利用」へ向かう流れが顕著になってきた。そこで注目されているのがクラウドコンピューティングだ。

 現在では情報系システムだけでなく、ERPやSFAなど基幹業務系システムもクラウド(雲)の中でサービスとして提供されるようになってきている。

 ただ、エンタープライズ市場におけるICT基盤のアウトソーシングにおいて求められるサービスレベルはシビアである。

図1:KCCSクラウドコンピューティングサービスのイメージ
図1:KCCSクラウドコンピューティングサービスのイメージ

 京セラコミュニケーションシステム(以下KCCS)の松木憲一氏は「クラウドの中身が可視化されていない状態での外部委託は深刻な経営リスクになりかねない」と指摘する。

 1986年に京セラの社内ベンチャーとして発足し、1995年に分離独立したKCCSは、これまで「ICT」、「通信エンジニアリング」、「経営コンサルティング」の3つの事業フィールドでグループ各社のシナジーを創造してきた。京セラの情報システム構築を担ってきたノウハウをベースに、顧客の立場で課題解決を模索してきたことで、クラウドコンピューティングにおいても充実したサービスを提供可能にしている(図1)。

次のページ
データセンターを中核に豊富なサービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ITイニシアティブ編集部(ITイニシアティブヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1503 2009/07/15 15:19

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング