EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

プロセスマイニング ☓ RPAで業務プロセス最適化が可能に:ABBYYとBlue Prismの協業戦略

edited by DB Online   2021/12/02 10:00

プロセスマイニングでロボット稼働後の効果も検証して業務プロセスを繰り返し改善する

 RPAをエンタープライズレベルで使いこなそうとした場合、あるプロセスをロボットで自動化した結果どれくらい効果が出るかは、事前にはよく分からないことも多い。RPAを活用した大規模な業務プロセスの効率化プロジェクトなどで、どのプロセスを自動化すべきかを明らかにするために、コンサルティングサービスを利用するとなればそれにはかなりのコストがかかるだろう。

 ABBYYのプロセスインテリジェンス機能であれば、データから今の業務プロセスがどうなっているかが把握でき、そこから自動化すべきものを容易に発見できる。それをBlue Prismで自動化し、ロボット運用を始めてからも、その効果をABBYYで見える化し解析できる。

 「デジタルワーカーが働き始めた後にも改善ポイントが出てくれば、リカーリングで繰り返し改善できます」と山本氏。コンサルティングのサービスなどでは、人によるヒアリングなどを経るので、自動化までに半年ほどかかるかもしれない。ABBYYとBlue Prismを組み合わせれば、かなり短期間でボトルネックなどを明らかにし自動化できる。そして自動化後の検証も迅速にできると山本氏は効果を強調する。

 プロセスマイニングとRPAで、業務プロセスの改善を短いサイクルで繰り返し実施できるのは重要なポイントだろう。RPAのロボットによる自動化は、実現すればその瞬間はコスト削減や効率化のメリットを実感できるが、一旦ロボットが稼働を始めればそれが当たり前となり、RPAのランタイム利用料などはコストと見なされるだろう。ABBYYとBlue Prismの取り組みのように、一旦自動化した後も継続して効果を測定し、ロボットの作り直しや新たなプロセスの自動化につなげられれば、RPAへの継続的で積極的な投資を促せることになる。

 プロセスマイニングで業務プロセスの適切な管理からアプローチできれば、RPAで一旦自動化したものを、次のステップではノーコード、ローコード開発などでシステムインテグレーションして効率化すると言った提案も考えられる。そういう発想でアプローチできれば、RPAベンダーのソリューションも、さらなる進化が期待できそうだ。



著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 谷川耕一

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5