SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

なぜアステラス製薬は日米欧で「S/4 HANA」移行を断行したのか? 牽引した須田氏に訊く

情シスの仕事には「ワクワク」がある  “ソムリエ” と “SF映画監督” にたとえる、その心とは

 世界70ヵ国以上に事業展開するグローバル製薬企業のアステラス製薬。同社は2016年からプロジェクトを開始し、2021年に日米欧3地域の基幹システムを「SAP S/4 HANA」に刷新した。加えて「Microsoft Azure」でクラウド化や、アウトソース業務の見直しもしたという。「本来なら4回に分けてやることを一気にやった」と振り返るのは、同社 情報システム部長で同部のグローバル統括もする須田真也氏だ。同氏にプロジェクト断行の真意や、同部長としての考え方を訊いた。

生まれ変わる決意を込めた新基幹システム「Apple」

 2022年1月21日、アステラス製薬はメディア向けに、近年のDXの取り組みに関する説明会を実施。同社 代表取締役副社長で経営戦略担当の岡村直樹氏は、DXに取り組む理由として「データに基づく経営」の実現を挙げた。

 続けて須田氏は、DXを担う部門として情報システム部のほかに、データ分析を専門とする「AIA部門」、新規事業を目指す「Rx+事業創成部」を紹介。これらを中心に、創薬ではAI・ロボットの活用による研究の加速、開発ではリモートによる臨床試験の仕組み化をしているのだという。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 さらに、そうした各所の取り組みや「データ駆動型経営」の実現を下支えする存在として、基幹システムを刷新したことを明かした。同社は従来「SAP ECC(ERP Central Component)」を使用していたが、新基幹システムはS/4 HANAを中核にしたもので、社内呼称は「Apple」。日本だけでなく、米国、欧州の海外拠点も統合し、さらにクラウド基盤への移行を実現したという。果たして同社の狙いとは。後日、須田氏に個別取材を実施し、その真意を訊ねた。

アステラス製薬 情報システム部長 須田真也氏
アステラス製薬 情報システム部長 須田真也氏

──新基幹システム「Apple」導入のプロジェクトについて説明いただけますでしょうか。

 このプロジェクトは、会社を生まれ変わらせビジネスを変革することを目的に、グローバルでの業務標準化に取り組みました。そのため、プロジェクトを計画した当初から、経営層を含めて「単なるシステムの更新プロジェクトではない」ということを共通のメッセージとして掲げています。

 今ちょうどグローバル化を進めているところですが、従来、人事や会計、調達、SCMといった管理部門は、それぞれの地域の事業を支える運営でした。もちろん、基幹システムも地域ごとにカスタマイズしたものを使っていました。これからグローバル化を進めていくにあたって、システムがバラバラだと、グローバルな視点での事業運営はできません。さらに、意思決定の元になるデータがバラバラでは、適切なタイミングでの意思決定も困難です。そこで、アステラス製薬は基幹システムの刷新を決断しました。

 構想は正式決裁がおりる2016年秋の1年前から始まり、5年半かけて、S/4 HANAのグローバルテンプレートを定義。ようやく日米欧の3地域に入れ終わった状態です。ちなみに、社内呼称の「Apple」は何かの略ではなくて、『アダムとイブ』からインスピレーションを得て「新しい世界を始める」という意味を込めて命名しました。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

──もともと地域別に事業をしていたんですね。今回のプロジェクト発足の背景を教えていただけますでしょうか。

 実は、2014年にSAPがS/4 HANAを発表したとき、すぐに「導入したい」と思いました。というのも、その前年、情報システム運用体制のグローバル化を進めていた際に、SAP ECCのアドオン数やカスタマイズ状況を調査したのですが、とても多くて、危機感を抱いていたからです。「このまま利用していたら、いずれどこかに支障が出る」という危機感はありましたが、システム刷新だけが目的だったので、すぐには着手しませんでした。

 その少し後に「事業運営そのものをグローバル化していこう」という動きが活発になり、管理部門をグローバルで運営できる組織にしなければいけない、ということに。その方針に、もともと構想していたシステム刷新を組み合わせました。新基幹システム導入は「ビジネス革新のためのプロジェクトである」と言えるのは、そういった背景があったからです。

──「S/4 HANA」を選んだ決め手は何だったのでしょうか。

 大きい理由としては、もともと各地域で使っていた基幹システムがSAP ECCだったことですね。そのため、システムを刷新する先としてもSAPが一番妥当でした。SAPありきで進めたと言っても過言ではないです。ライフサイエンス領域だとSAPのシェアが特に高いというのもあります。

 それに、S/4 HANA構築コンセプトが、これまでのSAP ECCの積み重ねではなく、“全部作り直して、シンプルな基盤にする”という点が、私が目指している企業運営基盤としてのシステムのイメージと合致したことも大きいです。

次のページ
「米・欧・日」の順に導入した狙い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

EnterpriseZine編集部所属。製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15927 2022/05/16 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング