SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

財務会計から探る、VUCA時代におけるIT部門のあり方

簿記3級・2級の教科書から学べ! 技術者に求められる「会計知識」と基幹システムの設計思想

【第2回】簿記に盛り込まれている、会計システムのエッセンスとは

 DXブームの影響で、企業のアプリケーションエンジニアに求められるスキル要件は大きく変わろうとしています。ロールモデルを見つけるのも難しい中、どうすればこれからの時代を生き抜くスキルを身に付けられるのか。今回は、エンジニアが学ぶ会計知識の指針として、簿記検定の試験内容を題材に具体的な方法を紹介します。特にマネジメントキャリアを志すアプリケーションエンジニアには、スキル要件の根幹を成すために参考とできる良い方法です。

効率的かつ効果的な「会計知識」習得の方法

 会計知識習得にあたり、最も有効な教材として簿記検定の内容が挙げられます。

 日商簿記検定2級は、近年TOEICと並んでビジネスパーソンにとても人気の高い資格です。実際のところ難易度はどの程度なのか。最近の合格率を調べてみると、回による変動が大きいものの2級は20%前後で推移しているようです[1]。3級の合格率も50%前後で、決して簡単な試験ではありません。この合格率の低さは、試験出題範囲の変更の影響が大きいと思います。

 2000年前後から「会計ビッグバン」と呼ばれる企業会計に関連する諸制度を欧米と同レベルとする動きにより日本の会計は大きく変わりました。これにともない、検定試験も主要な変更への対応に加え、より実際の企業活動や会計実務に即した実践的なものとなるよう見直しが繰り返されてきました。中でも最大の変更は、2017年11月試験から、旧1級の範囲だった「連結会計」が2級に移行したことでしょう。

 最近も2021年4月からの「収益認識に関する会計基準」の施行開始にともない、2022年6月試験から3級と2級の両方で新制度が反映されています。会計ビッグバン以降、日本は日本企業のプレゼンスを高め、世界の投資家を引き付けるための多くの改革を実施してきました。会計コンバージェンスと呼ばれる日本の会計基準を国際会計基準(IFRS)と同等にするための一連の基準改訂もその一つであり、新しい収益認識基準の導入はその中でも重要と位置付けられるものです。また、同様に2022年4月の東京証券取引所による市場区分の見直しも世界の投資家を意識したものとなっています。

 何事も基礎をおろそかにはできません。実は企業の基幹システムとしてのアプリケーションの基礎となる知識は簿記3級にあります。3級で会計の基礎である勘定科目や仕訳、そのルールの理解、そして会計帳簿について学びます。一方で2級の資格取得に必要な内容については、自分が担当しているシステムを理解する指針にしてみるのもいいでしょう。というのも、2級ではその知識を基礎に連結会計を含む上場企業の会計処理と、原価計算のロジック、仕組みの理解が求められる違いがあるからです。アプリケーションの機能構築に必要な知識は2級に含まれているわけですが、“会計の仕組み”を学ぶという点において簿記3級はとても重要なのです。

[1] 参考:受験者データ(商工会議所の検定試験ホームページより)

次のページ
データフローを理解する上で欠かせない3級の勉強

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
財務会計から探る、VUCA時代におけるIT部門のあり方連載記事一覧
この記事の著者

篠原 史信(シノハラ チカノブ)

予算管理EPMベンダーであるBoard Japanのカントリーマネージャ。Workday となったAdaptive Insightsでも代表職を務め、30年にわたり、財務・非財務のBI領域で活躍するオピニオンオーナー。近年では、経営企画DXとしてFP&A概念の浸透に情熱を注ぐが、BSCやTO...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16465 2022/08/24 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング