SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

CodeZine ピックアップ(PR)

SAPがローコード/ノーコードツールの強化で目指す「これからの業務システム」の姿とは?

 SAPは近年、「ローコード/ノーコード開発ツール」領域への投資を強化している。基幹業務パッケージのリーディングカンパニーである同社が、この領域へ注力する理由は何か。そして、具体的にどのようなソリューションを提供、強化していこうとしているのか。SAPジャパンの担当者に話を聞いた。

 本記事は、ソフトウェア開発者向けのオンラインメディア「CodeZine(コードジン)」からの転載記事です(オリジナル記事)。

ERPが直接カバーできない領域を補う、生産性の高い開発環境をSAP自身が提供

 近年、変化の激しいビジネス環境へ柔軟に適合する業務システムを、ユーザー企業が自ら開発、改善していく「システム内製化」への関心が高まっている。そうした背景のもと、市場で盛り上がりを見せているのが「ローコード/ノーコード開発ツール」と呼ばれるカテゴリの製品群だ。

 「ローコード/ノーコード開発ツール」に共通する一般的な特徴としては、グラフィカルな開発画面を持ち、複雑なコーディングは行わず、エンドユーザーにとって使いやすいユーザーインターフェースや、シンプルなデータ処理のプロセスを備えたアプリケーションを構築できる点が挙げられる。

 企業がこのようなツールを活用するメリットとしては、コーディングが必要な従来のアプリケーション開発と比べて、圧倒的に高い開発生産性が得られることがある。また、コーディングに習熟していないエンドユーザーでも、業務プロセスに関する知見があれば、比較的低い学習コストでアプリケーションの開発に携わり、業務の自動化、効率化を実現できる点もポイントとなる。ローコード/ノーコード開発は、ITシステムに対するビジネス側の要求が増え続ける一方で、対応できる技術者の数が足りない「エンジニア不足」を打開する仕組みとしても期待されている。

 現在、「ローコード/ノーコード」をうたう開発ツールが、多数のベンダーから提供されている。基幹業務パッケージ分野のリーディングカンパニーである「SAP」も、その1社だ。同社では近年、既存プロダクトの強化やベンダーの買収などを通じて、この領域への取り組みを強化している。

 SAPジャパンで、インダストリー&カスタマーアドバイザリー統括本部 BTPアプリ開発&インテグレーション 部長を務める本名進氏は「SAPの主力プロダクトであるERPの導入によって、企業は基幹業務の標準化、効率化を実現できる。しかし、企業で行われている業務全体を見渡したとき、ERPが直接サポートできる範囲は一部に限られる。特に他のシステムとERPの連携、ERPへの入力や蓄積されたデータを現場で活用するために抽出し他のシステムへ投入する部分では、効率の悪い手作業がまだ多く行われている。そうした作業を自動化、効率化するための生産性の高い開発環境をSAP自身が提供しようとしている」と話す。

SAPジャパン株式会社 インダストリー&カスタマーアドバイザリー統括本部 BTPアプリ開発&インテグレーション 部長 本名進氏
SAPジャパン株式会社 インダストリー&カスタマーアドバイザリー統括本部
BTPアプリ開発&インテグレーション 部長 本名進氏

 SAPでは、ERP製品「SAP S/4HANA」を中心とする基幹業務パッケージ群のデータを、ユーザーがより柔軟に活用できるようにするための仕組みを「SAP Business Technology Platform」(SAP BTP)というPaaS環境で展開している。SAP BTPは、データ管理、アナリティクス、AI、アプリケーション開発、自動化、データ統合に関わる機能を含み、それらを統合的に提供するプラットフォームである。

 SAP BTPにおいて、アプリケーション開発ツールとして提供されているのが、RPA(Robotic Process Automation)およびワークフロー構築ツールの「SAP Process Automation」と、ノーコード開発ツールの「SAP AppGyver(アップガイバー)」だ。

次のページ
RPAとワークフローをノーコードで開発できる「SAP Process Automation」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

高橋 美津(タカバシ ミツ)

PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16597 2022/09/22 14:53

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング