SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

CodeZine ピックアップ(PR)

SAPがローコード/ノーコードツールの強化で目指す「これからの業務システム」の姿とは?

RPAとワークフローをノーコードで開発できる「SAP Process Automation」

 「SAP Process Automation」は、エンドユーザーがPC上の手作業で行っているような定型作業を自動化するRPA、およびワークフローを、ノーコードで構築できるツールとなっている。業務プロセスの中で関連性が強いRPAとワークフローを、別々のツールではなく、1つのツールで一括して取り扱える点がメリットの一つだという。

 「例えば、受発注プロセスを考えた際、さまざまな販売チャネルがある中、販売システムからERPへ自動連携されるものもあれば、一部は受注の一覧がメールにExcel添付され、担当者がERPへ入力するといった担当者による手作業になっているケースが多い。これに対し、RPAでメール添付のExcelや組込みのAI機能でPDFのテキスト情報を読み取り、得意先や金額などのルールに応じて、発注承認のためのワークフローへつなげるといったことが容易にできる。RPAとワークフローの両方を、ノーコードで作り込めるSAP Process Automationは、こうしたプロセスの自動化にあたって、特に使い勝手が良いツールになっている」(本名氏)

 上の画面は、SAP Process Automationの「Process Builder」でRPAタスクを実装したものだ。この例では、Excelファイルを開き、各行から条件に一致する受注番号を取得してそれを次のタスクに渡すという処理を行っている。SAP Process Automationでは、こうした処理を実行するためのライブラリが豊富に用意されており、それらをフローチャートのように並べることで、プロセスが自動化できる。一般的なRPAツールのように、PC操作のレコーディングを行って、それをプロセス内に組み込むことも可能だ。

記事の続きを読むには、以下の項目にご回答ください。

SAPジャパン株式会社 提供コンテンツ

SAP は、本件に基づいて提供されたデータを個人情報保護方針に従って使用し、SAP の製品やサービス等に関するお知らせをさせていただくためにSAP SE およびその他の SAP グループ法人で利用させていただきます。

※ご同意いただけない場合(SAPからの案内を希望しない場合)は、本記事の全文をご覧いただけません。

SAPの個人情報の取り扱いに関してはこちらをご覧下さい。

必須

ご利用に際しての注意

本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(SHOEISHA iDに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、 入力いただいたアンケートのご回答内容)は、株式会社翔泳社が、情報を提供した広告主に第三者提供いたします。また個人情報に加え、行動履歴(アクセス履歴)を含めて提供する場合があります。
第三者個人情報提供先:SAPジャパン株式会社
個人情報の取り扱いに関してはこちらをご覧下さい。



ページ動作に不具合があった場合、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。

ご連絡の際は「ご覧になっているページのURL」「不具合の具体的な内容」「お使いの環境(OS、ブラウザ等)」をお書き添えください。
ご協力ありがとうございました。

次のページ
UXの高いフロントエンドを迅速に開発できる「SAP AppGyver」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

高橋 美津(タカバシ ミツ)

PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16597 2022/09/22 14:53

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング