SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

SASのクラウドアナリティクス戦略、AIプロジェクトの「2つの誤解」を解く

SAS Institute Japan会見レポート


 2022年10月6日、SAS Institute Japanは「実用的なビジネス価値創出に向けたデータ活用」をテーマに掲げた説明会を実施し、AIプロジェクトの課題と今後に向けたクラウドアナリティクス戦略を語った。

SAS Institute Japan株式会社 ソリューション統括本部 本部長 森秀之氏<br>同社 ソリューション統括本部 金融デジタルソリューション統括部 統括部長 羽根俊宏氏<br>同社 ソリューション統括本部 アナリティクスプラットフォーム統括部 統括部長 小林泉氏
SAS Institute Japan株式会社 ソリューション統括本部 本部長 森秀之氏
同社 ソリューション統括本部 金融デジタルソリューション統括部 統括部長 羽根俊宏氏
同社 ソリューション統括本部 アナリティクスプラットフォーム統括部 統括部長 小林泉氏

SASが提供する3つの新ソリューション

 最初に登壇した森氏が紹介したSASのクラウドアナリティクス戦略の重点領域は、「SAS Answers Cloud」「DXスターターパック」「SAS Viya on Microsoft Azure Marketplace」の3つである。この内、最初の2つがエンタープライズ向けソリューションで、それぞれ特定の業種や業務のAIプロジェクトを支援するもの、スモールスタートで価値を確かめてから本格的にAIプロジェクトに着手したい企業を支援するものになっている。残るSAS Viya on Microsoft Azure Marketplaceは、企業が直接SASのサービスを利用できるよう新しく提供するものだ(図1)。

図1:SASの重点ビジネス領域 出典:SAS Institute Japan
図1:SASの重点ビジネス領域 出典:SAS Institute Japan [画像クリックで拡大]

 ソリューションの中核にあるのはSAS Viyaである。この製品はデータ探索からモデル開発、モデル登録、デプロイ、アクションに至るアナリティクスのライフサイクル全体をカバーしており、データの準備、モデルの実装、ビジネスにおけるマネタイズなど、個々の企業が抱える課題に応じたサポートを必要に応じて提供している。AIプロジェクトにはモデル開発に携わるデータサイエンティストから、データエンジニア、アプリケーション開発者、ビジネスユーザーに至るまで、様々な人たちが参加する。それぞれがより快適に仕事ができるよう、複数の選択肢を提供するのがSASの基本姿勢である。例えば、クラウドとオンプレミス、クラウドの場合でもマネージドサービス環境(ホステッド/リモート)とSaaSの3つの中から適切なものを選ぶことができる。

 「クラウドファースト」と言われるように、企業が製品を直接利用するクラウドは当たり前の選択肢になったが、SASは企業のビジネス部門に直接ソフトウェアを提供すると同時に、コンサルティングサービスを提供してきた。多くのプロジェクトを通して得られた知見をAIとデータアナリティクスの仕組みと合わせて提供するのがSAS Answers Cloudである。金融サービス業向けのものからその提供を開始する。

次のページ
AIプロジェクト、2つのよくある誤解

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16862 2022/11/25 16:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング