SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

「100年後でも問題なく開ける安心感を」コロナ禍で需要高まる、アドビの電子サインソリューション

強みは非改ざん性とセキュリティ

セキュリティ面での安心感

 他にもセキュリティ面の安心感もある。アドビはグローバル企業だが、日本の顧客であればAdobe Document Cloudのデータは日本にあるデータセンターに保存される。アドビ以外にも電子署名サービスを提供するベンダーはあれど、データの保存先が日本のデータセンターとは限らない。

 国内にデータセンターがあり、震災対策やセキュリティ対策も行われていることから、ソブリンクラウドの議論が高まっている昨今においては、こうしたインフラ面での安心感もある。

 企業の業務で使うゆえに、セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスに関するグローバル基準に準じているのもアドビの特徴であり、強みだ。日本なら情報セキュリティのISO/IEC 27001、米国ならHIPAA、FERPA、GLBA、米国食品医薬品局の21 CFR part 11など、国や業界特有の規制にも幅広く対応している。

 加えて同ビジネスデベロップメントマネージャーである岩松健史氏は、アドビの強みとして非改ざん性を強調する。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 「セキュリティに含まれますが、ドキュメントの非改ざん性もアドビが評価されるポイントです。ISOで定義された形で、最終署名者が合意したドキュメントは合意以降に一切改ざんされていないことを保証できます。同時にアクセス権(関係者のみ閲覧許可、閲覧のみで編集不可など)も設定できます。編集不可でも、サードパーティー製品を使えば可能ではないかと考える人はいますが、もし改ざんされた場合は、PDFの表示にて改ざんがわかるようになっています」

 そして機能面の優位性もある。電子署名に関するアプリケーションは企業により様々な要件があるため、アドビではSalesforceやServiceNowなどの各種業務用のツールと連携するためのコネクタ(API)が充実している。

 営業支援ツールと連携すれば、業務の最初から最後まで一貫して紙を用いることなくワークフローを進めることができる。最近ではマイクロソフトがアドビとの連携強化を発表しており、両社の共同開発によりコネクタはよりネイティブに実装され、利便性も高まることが期待される。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 現時点では海外のみ利用可能(日本では準備中)だが、Adobe Acrobat Readerのモバイル版アプリには「Liquid Mode」が登場した。

モバイルデバイス上で文書の閲覧体験を大幅に向上させる「Liquid Mode」

 一般的にPDFはレイアウトがしっかり組まれているため、PCでは見やすくてもモバイル端末ではピンチアウト(拡大)しないと見づらいケースもあった。しかし「Liquid Mode」では、ボタン1つでテキスト、画像、表などをモバイル端末の画面に合わせて自動的に組み直す。アクセシビリティの観点からもパーソナライズされた閲覧体験への期待は多く、これはPDFのユーザー体験が大きく変りそうだ。

次のページ
リブランディングと連携強化で、さらなる使いやすさを追求

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17053 2023/01/24 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング