SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

「100年後でも問題なく開ける安心感を」コロナ禍で需要高まる、アドビの電子サインソリューション

強みは非改ざん性とセキュリティ

リブランディングと連携強化で、さらなる使いやすさを追求

 2022年3月から、アドビのサインソリューションはリブランディングを行った。これまで「Adobe Sign」と呼ばれていた電子サインのサービスは「Adobe Acrobat Sign」へと名称を変えている。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 企業向けとなる「Adobe Sign エンタープライズ版」「Adobe Acrobat Sign Solutions エンタープライズ版」となる。「Acrobat」と冠をつけることで文書作成と電子署名は別々のものではなく、一気通貫でシームレスに利用できることをアピールする狙いだ。

 電子サインのすべての機能を利用できる「Adobe Acrobat Sign Solutions エンタープライズ版」は企業向けで、高度な機能も入っている。「そこまで要らない」のであれば、Acrobat ProまたはAcrobat Standardを選ぶこともできる。いずれもサブスクリプションで提供される。

 齊藤氏は「まずは使ってみていただきたいです。日本企業における電子サインは、まさにこれからという手ごたえを感じています」と自信を見せる。つい最近行われたリアルイベントの展示会場にて、アドビブースへ訪れた人の多くが「(Adobe Acrobat)Sign」に言及していたという。

今回取材対応していただいた、同社デジタルメディア事業統括本部 営業戦略本部 ドキュメントクラウド戦略部 シニアマネージャー 齊藤賢一氏【写真左】同ビジネスデベロップメントマネージャー 岩松健史【写真右】

今回取材対応していただいた、同社デジタルメディア事業統括本部 営業戦略本部 ドキュメントクラウド戦略部 シニアマネージャー 齊藤賢一氏【写真左】同ビジネスデベロップメントマネージャー 岩松健史氏【写真右】

 将来的にはAPIを駆使して、より簡単に複雑なPDFを自動作成することもできるかもしれない。あるいは保存されているPDFからデータを抜き出して、業務システムで活用するようなAPIもある。APIだとプログラミングが必須となるが、高度な開発スキルを持たなくてもPDFを活用できるように、Microsoftのアプリケーション実行基盤「Power Automate」でノーコードで実装を行うことも可能だ。

 取材の終わり際、齊藤氏は次のように呼びかけた。「単純にPDFを生成するだけではなく、業務プロセスでデジタル化を実現するための製品やソリューションの幅はかなり広がっています。そうした課題をお持ちであれば、ぜひアドビにご相談ください」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17053 2023/01/24 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング