SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

イベント・セミナーレポート(運用管理)

これからのシステム管理者に求められるもの~オープンシステムからクラウドへ(中編)

「システム管理者感謝の日」講演レポート


2009年7月24日、東京証券会館にて「システム管理者感謝の日」が開催された。本稿ではその中で行われた講演の内容を、全3回に渡ってお届けする。(前編はこちら)

オープン化への変化がシステム管理を変えた

 システム管理の現場ではいくつかの技術の波が来ている。現在はメインフレームの時代が終わりかけ、オープンシステムの時代であるが、今後クラウドに向けての変化が重なってくると語り、以下のように整理をした。

メインフレームの時代

 今の時代から見れば完成された枯れた技術。プライオリティ制御、論理パーティショニングなどのこの時代の技術は今でも重要。システム管理のツール群はこの時代の技術によって完成されている。この時代は、ハードウェア、OS、ミドルウェア、DBが垂直統合されており、管理者のスキルも単一のベンダに依存できた。何かトラブルがあってもその会社のSEを呼べば事足りたと言える。

オープンシステムの時代

 システムの分散化というのが本質。大型ではなく、ダウンサイジングで複数のサーバを使っていくので、当然「マルチベンダ化」が大きな特徴となる。それぞれの分野で複数のベンダになる。

 またネットワークのオープン化により、対象ユーザーが拡散した。メインフレームの時代には端末はあくまでサーバの付きものなので、サーバルームの監視だけで済んだのが、オープン化の時代にはネットワークを介して、ユーザーの多岐のPCが接続される。システム管理者はセキュリティ管理も含めてネットワークのつながる末端までが管理対象になる。これは対象機器の範囲が膨大に増えるということを意味する

システム管理者に最も必要なスキルは「切り分け能力」

 オープン化の時代問題はハード、ネットワーク、接続機器などの組み合わせやバージョンによって動作の不都合が生じることである。ここで重要となるのが管理者の習熟度(スキル)であるとし、ポイントを指摘する。

 「いわゆるマニュアルに書いてあるような手法では回らなくなる。マルチベンダーシステムでは、個別のベンダーは自社の製品およびサービスにしか責任を持たないし持てない。そのため問題が生じたときに、どの要素が原因になっているかをどうやって切り分けるかということです。そのためにはシステム管理者の多機能化、インテリジェンス化ということが重要だと思っています。単にモニターを見て、何かあれば連絡をするということではない。」

システム管理の変化の波
システム管理の変化の波

次のページ
現在のシステム管理の要点

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベント・セミナーレポート(運用管理)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1762 2009/09/08 16:16

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング