SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

社内環境における更新プログラムの集中管理~WSUS 3.0活用ガイド

Windows Updateの管理を効率化する「WSUS」導入手順の基本

第2回 最も基本的な構成をもつWSUSの導入手順


 前回はWSUSが求められる背景と、それに対応する仕組みや機能の概要を紹介しました。今回は実際にWSUSを構築し、さらに更新プログラム管理を行うまでの手順を解説します。

WSUSの構築

 WSUSは以前のバージョンでも導入がとても簡単と好評でしたが、3.0はよりシンプルかつ直感的に導入できるようになっています。今回は最も基本的な構成を持つWSUSの導入を、次の5つのステップに分けて紹介します。

  • Step 1:WSUSサーバ導入要件を満たすためのコンポーネントを構成する
  • Step 2:WSUSサーバを導入する
  • Step 3:WSUSサーバを構成する
  • Step 4: コンピュータグループを作成する
  • Step 5:WSUSクライアントを構成する

 なおWSUSサーバはWindows Server 2003(SP1以降)またはWindows Server 2008に導入できますが、今回はWindows Server 2003上に導入するケースを解説します。

Step 1:WSUSサーバ導入要件を満たすためのコンポーネントを構成する

 WSUSサーバのインストール前に、事前に導入しておかなければならないコンポーネントが5つあります。

  • Windows Installer 3.1以降
  • IIS 6.0以降
  • Microsoft .NET Framework 2.0
  • Microsoft管理コンソール 3.0
  • Microsoft Report Viewer 2005再頒布可能パッケージ

 ただしWindows Installer 3.1に関しては、Windows Server 2003 SP1以降に標準搭載されているので、インストールを省略できます。

IIS 6.0の導入

 最初にIISをインストールします。

  1. コントロールパネルから[プログラムの追加と削除]を開きます。
  2. メニューから[Windowsコンポーネントの追加と削除]を選択し、「Windowsコンポーネントウィザード」を起動します。
  3. コンポーネントの一覧から[アプリケーションサーバー]を選択し、[詳細]ボタンをクリックします。
  4. 図01
    図01
  5. [ASP.NET]にチェックを入れます。自動的に、[インターネットインフォメーションサービス(IIS)]および[ネットワークCOM+アクセスの有効化]にもチェックが入ることを確認します。
  6. 図02
    図02
  7. [OK]ボタンを何度かクリックし、インストールを開始します。環境によってはインストール中にOSのメディアを求められるので、その場合は指示に従って挿入します。
  8. 図03
    図03
  9. インストール完了のメッセージが表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。
  10. 図04
    図04

Microsoft.NET Framework 2.0、Microsoft管理コンソール3.0、Microsoft Report Viewer 2005再頒布可能パッケージの導入

 残りの3つのコンポーネントは、いずれもMicrosoftダウンロードセンターから入手できます。32bit(x86)用と64bit(x64)用で異なるモジュールが提供されているものもありますので、注意してダウンロードしてください。

 なおOSがWindows Server 2003 R2以降の場合は「Microsoft管理コンソール3.0」が標準インストールされているので、再導入する必要はありません。

 ダウンロードしたモジュールのインストールは、使用許諾契約書に同意する以外、いずれもインストールウィザードを次へ進めるだけで完了します。特にインストールする順番などもありませんので、3つすべてを順次インストールしてください。

次のページ
Step 2:WSUSサーバを導入する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
社内環境における更新プログラムの集中管理~WSUS 3.0活用ガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

前島 鷹賢(マエジマ タカマサ)

Microsoft MVP for Virtualization - Virtual Machine日本アイ・ビー・エム(株)に勤務。MicrosoftやVMware製品を中心としたx86インフラ環境の設計・構築に従事。特にWindowsサーバー/クライアント環境のシステム管理・監視、セキュリティ、サーバー仮想化などの分野...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18 2009/01/16 20:08

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング