SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Compliance Summit 2009 Summerセミナーレポート

コンプライアンス対応とコスト最適化を両立する適切なIT活用

内部統制の初年度対応を終えた2009年。企業の対応状況は一定のレベルに到達し、次の段階へと関心が移りつつある。いわゆる「アフターJSOX」では、IFRS、PCIDSS など新たに対応すべき法規制、業界規格・基準に加え、増大するコストなど、懸念されている問題は多い。その解決策として、JIECの ITビジネスアーキテクトである川端氏は「コンプライアンス要件は共通化に最適な分野」と分析し、"共通基盤化"の提案を行った。  

コンプライアンス対応の潮流は「とりあえず対応」から「運用の効率化」へ

 2009年7月に金融庁が発表した初年度の内部統制対応報告書では、対象企業2605社のうち97.6%という高い割合で「内部統制が有効」と公表している。わずか2.1%の欠陥があったとする企業では、その理由として「検討・承認手続きの不備」を挙げる回答が多く、他に「組織体制上の不備」という回答も目立ち、担当者不足、専門知識不足という人員に関する課題が浮き彫りにされた。

株式会社JIEC 技術統括本部 ITビジネスアーキテクト
川端卓氏

次のページ
内部統制システムの運用におけるコストは「削減」ではなく「最適化」へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Compliance Summit 2009 Summerセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1844 2009/09/28 00:01

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング