SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

アドビのSaaSビジネスを導いた手腕に期待、神谷知信氏とPTCは日本のモノづくりを変えられるか

ソフトウェアで後れを取る状況にこそビジネスチャンス

 3D CADやPLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイクル管理)をはじめとする製造業向けのソフトウェアベンダーとして、世界的に広く知られる米PTC。同社の日本法人であるPTCジャパンは、2023年11月に元アドビ代表取締役社長の神谷知信氏を新社長に迎え、新たな体制の下で日本市場におけるさらなる成長を図る。そんな同社のビジョンや日本市場における事業戦略、今後の展望などについて神谷氏に聞いた。

「日本の製造業を元気にしたい」アドビからPTCジャパンに

──元々アドビの社長を務められていた神谷さんが、PTCジャパンの社長に就任されたきっかけは一体何だったのでしょうか。

 アドビには約10年間在籍し、マーケティング分野を中心にクラウドビジネスを推進してきました。おかげさまで一定の成果は出せたのですが、今後のキャリアを考えたとき、より日本社会に貢献できる仕事にチャレンジにしたいという気持ちが芽生え、日本経済を支えてきた製造業のために力を尽くしたいという結論に至りました。

──製造業にかかわる企業はPTC以外にも数多く存在しますが、なぜPTCを選んだのでしょうか。

 デジタルの世界とフィジカルの世界をデータでつなぎ、「デジタルツイン」や「デジタルスレッド」を実現できる唯一無二のプラットフォームを有しているのがPTCでした。同社が標ぼうしている「モノづくりのすべてのフェーズをデータでつなぐ」というコンセプトは、アドビが掲げていたデジタルマーケティングのコンセプトと似ていましたが、より進んでいるとも感じました。また、ARやAIなどの先端技術を積極的に取り入れているところも、アドビのソリューションとの類似点が多いと思いましたね。

──PTCジャパンに移られて約半年が経ちましたが、同社に対するイメージは変わりましたか。

 ほぼ想定していた通りですね。ただ実際にいろいろなお客様とお話しさせていただく中で、エンタープライズ領域におけるPTCの知名度は私が想像していたよりはるかに高いという印象を受けました。その一方、モノ作りの現場を支えている中堅・中小企業の方々には、思っていたより知られていないということもわかりました。

PTCジャパン 社長執行役員 神谷知信氏
PTCジャパン 社長執行役員 神谷知信氏

 今後はそうしたイメージを払拭するため、さらに広い層に向けて当社のソリューションや、ITを活用したモノ作りの魅力をアピールしていきたいと考えています。PLMやARなど、我々の提供するソリューションは本来、人手不足や継承者不足に悩む中堅・中小のモノ作り企業においてこそメリットを発揮できるはずです。

次のページ
依然としてソフトウェア分野で後れを取る、日本の製造業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/19598 2024/05/15 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング