SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

止まらないシステムはLinuxで作る!~オープンソースを活用したHAサーバ構築入門

ldirectordで、LVS(Linux Virtual Server)による負荷分散システムの構築

第4回

 前回は、heartbeatのリソースとして仮想IPアドレスを設定し、通信状態を監視する方法について解説しました。今回は、heartbeatに標準でインストールされるldirectordを使って、LVSによる負荷分散システムを構築する方法について解説します。

LVSの概要

 LVS(Linux Virtual Server)は、Linux Virtual Server Projectというプロジェクトが開発した機能で、Linux上でLayer 4の負荷分散装置と同様の機能を実現します。LVSは、最近ではLinuxカーネルに組み込まれていますので、ほとんどのLinuxディストリビューションで使用することができます。LVSでは次のような機能を提供します。

  • サービス用のIPアドレスに届いたパケットを必要に応じて、別のサーバに転送します。
  • 転送先として複数のサーバを指定することができます。
  • パケットの転送では、各サーバに均等に分散することも、重み付けをして分散することもできます。

 LVSを使うと、複数台の実サーバを組み合わせて、あたかも一つのサーバでサービスしているかのように見せることができます。

LVSでリクエストを分散
LVSでリクエストを分散

ldirectord

 Linuxカーネルの提供するLVSでは、パケットを分散する機能だけを提供します。しかし、次のような理由で必ずしも使いやすいとはいえません。

  • 設定は、ipvsadmというコマンドで行いますが、比較的複雑な書式で設定を行わなければなりません。
  • LVSでは実サーバの稼動状態を監視しないため、サーバが停止していてもパケットを転送しようとします。

 この問題を解決するために使われるのがldirecotrdです。ldirectordは、heartbeatに付属している負荷分散システムを管理するためのツールです。ldirectordでは、様々なプロトコルの稼動状況を監視し、必要に応じてサーバを追加、削除する機能を提供します。また、ldirectordを使えばipvsadmを使った複雑な設定を行わなくても比較的容易に負荷分散機能を構築することができます。

次のページ
負荷分散のシステム構成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
止まらないシステムはLinuxで作る!~オープンソースを活用したHAサーバ構築入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

デージーネット 恒川 裕康(デージーネット ツネカワ ヒロヤス)

株式会社デージーネット 代表取締役。「より安全で」、「より快適で」、「より楽しい」インターネットの実現をテーマとして、クラスタシステムを使った高信頼サーバの構築、SPAM対策やウイルスチェック対策のためのソフトウェアの開発、携帯サイト向けのシステム開発など、オープンソースソフトウェアを活用した事業を展開して...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/228 2007/11/15 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング