SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

比較で学ぶHyper-V 2.0

Hyper-VがVMwareを追い抜く日はくるか?

最終回

これまで8回にわたってHyper-V 2.0とVMware ESX 4.0を比較してきた本連載ですが、今回が最終回となります。最終回ではこれまでの比較項目を簡単に振り返りながら、それぞれの製品の将来性を考えてみます。

[比較13]: 将来性

 本連載が始まってから半年以上経過し、すでに執筆時点から状況が変化してきている項目も現れてきました。そこで今回はまとめを兼ねてこれまでの連載内容を振り返りつつ、最新の動向やニュースなど将来像につながる情報をご紹介していきます。

 将来像は仮想化を行う上で今すぐ影響を与えるものではありませんが、将来性があり市場認知度やシェアが高い製品ほど技術情報や関連ツールの発展・充実を期待できるため、中長期的に利用していくためには重要な指標の一つといえます。

 なお本文には将来の製品・技術に関する予測が含まれています。執筆時点での最新状況にもとづいて記述していますが、将来的に機能や仕様が変更になる可能性があることをあらかじめご了承ください。

システム要件

 第1回では、導入システム要件とサポートするゲストOSの一覧を比較しました。

ハードウェア

 導入システム要件は、前バージョンで既に64bit化されていたHyper-Vがほとんど変わらなかった一方で、VMware ESXは本バージョンから64bitアーキテクチャーに一新され、32bit プロセッサーのサポートがなくなりました。これにより両者の導入システム要件はほぼ同じものになりました。

 32bitから64bitへの切り替えに匹敵するような大幅なハードウェア・アーキテクチャー変更は、少なくとも今後数年間はないと考えられています。そのため仮想化製品のバージョンが上がっても、当面は導入システム要件が大きく変わってしまうことはないでしょう。

 ただし仮想化を取り巻くハードウェア側の機能(Intel VTなど)は、今後も急速に改良が進む見込みです。そのため「導入システム要件(=最小要件)」がそのままであっても、ハードウェアの進化に応じて「推奨システム要件」は変化していくかもしれません。

ゲストOS

 ゲストOSは従来からVMware ESXのほうが多くの種類をサポートしており、本バージョンでもサポート対象をさらに拡大させました。何世代も前のレガシーOSから最新OSまで幅広く対応しており、今後新しいOSが登場してもスムーズに対応するだろうという安心感があります。

 一方リリース当初はサポート・ゲストOSの少なかったHyper-Vですが、2010年1月にLinux Integration Components(※)のアップデート版(Version 2.0)を公開するなど改善を図ってきており、現時点ではWindows OSに加えてSUSE/RedHatという2つの主要なLinuxディストリビューションを正式サポートしています。またLinux Integration Componentsは、オープンソースとして公開されているという特徴があります。そのため正式サポートの有無は別として、他のLinuxについてもHyper-V上で稼働させることが難しいものではなくなりつつあります。

(※) Linux Integration Components

Hyper-V上でLinuxゲストOSを快適に動作させるためのコンポーネント。Hyper-Vに対応した仮想NICドライバーなどが組み込まれており、ゲストOS(ネットワーク・アクセスやストレージ・アクセス)のパフォーマンス向上につながる機能を利用できるようになる。

  ただし、Microsoftが正式サポート対象範囲を今後どこまで拡大させる方針なのかは明らかにされていません。よって、SUSE/RedHat以外のLinuxやUnix系OS(Solaris/FreeBSDなど)を動作させたいのであれば、VMware ESXのほうがよいでしょう。

表1:Hyper-V環境でサポートされないゲストOSの一例
表1:Hyper-V環境でサポートされないゲストOSの一例

次のページ
リソース構成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
比較で学ぶHyper-V 2.0連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

前島 鷹賢(マエジマ タカマサ)

Microsoft MVP for Virtualization - Virtual Machine日本アイ・ビー・エム(株)に勤務。MicrosoftやVMware製品を中心としたx86インフラ環境の設計・構築に従事。特にWindowsサーバー/クライアント環境のシステム管理・監視、セキュリティ、サーバー仮想化などの分野...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2314 2010/05/19 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング